fc2ブログ

超個人的2022年印象に残ったドラマを振り返って・・・みる?

ドラマレビューブログの面影もなくなって幾久しいですが、
それでも一応、細々と見続けております。
2022年、印象に残ったドラマの備忘録。







◇「ミステリと言う勿れ」◇
文句なく2022年を代表するドラマじゃないでしょうか。
菅田将暉が演じた久能整は原作を忠実に…ではないそうで、
原作のファンはどう受け止めたのかはわからないけれど、
個人的には拍手喝采。
これで風呂光がいなければもっと・・・(以下自粛)。




◇「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」◇
TVHのド平日の午後に放送された中国時代劇。
全然興味もなかったので最初の方は見ていない。
でも再放送があったら全部見ます!
面白かったですよ、これは。
で「瓔珞」の後番組が「如懿<ニョイ>伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」。
「瓔珞」では敵役(・・・とも言い切れない)
輝発那拉(ホイファナラ)が主役の如懿。
同じ時代を描いても主人公を変えると見方が変わる。
ドラマだからもちろんフィクションだけれど、
輝発那拉が髪を切るシーンはどちらにも出てきたので、
史実なのかなぁ。
お約束みたいなもの?




◇「正直不動産」◇
某俳優の件で変な形で名前が出てしまったドラマでしたが、
一時期、不動産会社で事務をしていたことがあって、
内情はちょっとだけ知っていたので興味もあって。
不動産業界も当然アップデートしているのですが、
お仕事ドラマとしてもヒューマンドラマとしても面白かった。
「2」希望。





◇「魔法のリノベ」◇
タイトルから「リノベ」=リノベーションが前面に出ているので
現実問題、釘一本打てない賃貸住まいには参考にならない。
ただ、このドラマ。
原作があるので(もちろん脚色しているはずですが)、
仕方ないとはいえ、でもタイトルは変えた方が良かったかなぁと。
・・・「正直不動産」の工務店版かと思って見始めたくらいだから。
ある事情から大手リフォーム会社から弱小工務店に転職した主人公と
転職先のリノベ営業担当(ただし実績ゼロ!)とのバディもの。
この二人の掛け合いと工務店の従業員たちとのやりとりとかの
ハートウォーミングドラマ+リノベ。

そしてなぜか「鎌倉組」の面々がぞろぞろ出演したこのドラマ。
小梅の元彼・久保寺は最初かなり感じが悪いキャラで、
頼家といい・・・と思っていたら、あら・・・。
エンディングのリノベ後の家の様子、
幸せそうな依頼人の姿にほっこりさせられた。
「2」か「SP」希望。




◇「ザ・トラベルナース」◇
岡田将生主演と聞いていたけれど、
実質的には中井貴一とのW主演。
ただ、上手い人たちがいい脚本に出会うとこういうドラマになるのねぇ。
帰国後「天乃総合メディカルセンター」ではない病院に派遣されて、
・・・これは「2」ありますよね。




◇「警視庁考察一課」◇
部屋の中でトレンチコートの襟を立て、
脚立に載って崖の写真を眺める船越英一郎。
斉藤由貴を写真一枚で登場させたことも驚きました。
でも考察一課に片平なぎさがいないのは何故?
二時間サスペンスの女王なのに。




◇後宮の烏◇
北海道では放送されていなくてTVer視聴。
後宮の奥深く夜明宮で、人と関わることなく暮らす
夜伽をすることのない特別な妃・烏妃(うひ)。
不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、
何でも引き受けてくれるという烏妃の元を
時の皇帝・高峻が訪れることから始まる中華風絵巻。

漢字だらけで登場人物の見分けがつかない問題発生事案アニメ。
高峻は烏妃を寿雪と名で呼ぶし、
高峻付きの宦官・衛青は高峻をターチャ(大家)と呼ぶ。
これだけでもややこしいのに、
字幕はないし登場人物は意外と多くてもう覚えきれません。

でも絵がものすごく綺麗な中華風ファンタジー。
重たい過去を抱えていて、人を信じられない、人を寄せ付けない。
そんな高峻と寿雪が不思議や謎や人の心の闇に触れることで、
少しずつ距離を縮めていく。
静かで悲しくて優しくてそして温かい。
ただアニメは今週配信分で終わっちゃったらしいんですよね。
原作ではまだ続きがあるというので楽しみにしています。




◇「鎌倉殿の13人」◇
三谷幸喜。
世間の評価は別にして私にとっては当たり外れが大きい。
鎌倉時代と言えば「イイクニツクロウ鎌倉幕府」(私の頃はこれだった!)と
北条政子と御成敗式目しか知らないし。
三谷組と呼ばれる方々は失礼ながら存じ上げない方も多くて
役名を聞いてもどんな役回りなのかがわからない。
小四郎も本当に子どもで(としか見えない小栗旬の凄さ!)、
北条家と頼朝様で何とか見ていられたような前半戦。

で、7月?NHKで「人形歴史スペクタクル 平家物語」というのを
思い切り深夜というか早朝に2話ずつ放送されていて、
そのころ、「鎌倉殿」では壇ノ浦の戦いも終わっていたのだけれど、
”あー!そういうこと!”と納得することが多かった。
とにかく血の流れる大河で(総集編なんて殺伐としたシーンばかり)、
政子の演説と言い、時政の最後と言い満足度の高いドラマでした。
スポンサーサイト



テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -