FC2ブログ

「特捜9 2rd SEASON」第11話(最終話)

連続殺人事件と12年前の事件。
第11話(最終話)『正義の罠』ネタバレです。


第11話(最終話)『正義の罠』
脚本:徳永富彦 監督:鈴木浩介
ゲスト:嶋田久作 笠原秀幸 坂本直季 古河耕史 ノモガクジ


マンションで弁護士の小林則夫の遺体が見つかった。
ほぼ無傷の遺体は指先だけが切れており、
床に『J・P』の血文字が。
マンションは入居者募集中の賃貸物件で鍵がかかっていたという。
早瀬川の解剖でも毒物などは検出されず、
診療記録も取り寄せたが死因は不明。
ただ、現場にあった被害者のスマートフォンから、
同じ男性を隠し撮りした大量の写真が見つかる。
宗方は背景から東京地方裁判所で撮影されたものと気付き、
男性は判事の櫻井潤と判明する。
浅輪たち櫻井と小林の接点を探る中、
弁護士・松井浩史が殺害される。
小林同様死因は不明だが、松井の足裏に軽度の熱傷があることが判明。
早瀬川は感電死の可能性を指摘する。

櫻井とふたりの弁護士の接点を調べる中で、
松井が元検事だったことがわかり、
浅輪たちは12年前の青酸ガス無差別殺人事件に辿り着く。
小林が弁護士、松井が検事、そして判事が櫻井を担当、
早速、櫻井に会いに行くが、法律を盾に事情を聞くことが叶わない。
しかもこの一件で裁判所からクレームが入り、
三原刑事部長は浅輪に降格をチラつかせる。


最終回前に制作陣と俳優の不協和音が報道されて、
確かに今シリーズは今までとは違うよね・・・と思っていて。
村野真法(笠原秀幸)を説得する新藤(山田裕貴)が
まるっきりプチ浅輪(井ノ原快彦)。
主任になった浅輪はでも決して加納にはなれないし、
加納になったら浅輪の存在価値は無い。
・・・余談ですが浅輪が櫻井(嶋田久作)に対峙した時、
「そんなものは正義じゃない!」と激高する杉下右京の方が
よっぽど似合うと思ったし。

浅輪倫子(中越典子)、垣内妙子(遠藤久美子)、矢沢早苗(畑野ひろ子)と
以前のようには出番を作れない。
でもだからといって浅輪、小宮山(羽田美智子)、村瀬(津田寛治)、
青柳(吹越満)、矢沢(田口浩正)。
今まで築き上げた「9係」「特捜9」の個々の個性が失われたら
シリーズとして存続する意味は?

網代(石倉三郎)の事件は説明だけで終わり、
青酸ガス無差別殺人事件も冤罪でした・・・で真相はほったらかし。
宗方(寺尾聰)との別れのシーンに何故か鑑識の坊やがいるし。
・・・テレ朝はどうしたいのでしょう、一体。

「特捜9 2rd SEASON」
第1話『特捜班新たな事件』第2話『正しい殺人』
第3話『平成最後の対局』第4話『令和最初の事件』
第5話『不自然発火殺人』第6話『星型の殺意』
第7話『タワーマンション殺人』第8話『食べさせる女の殺意』
第9話『浅草大捜査線』第10話『時間差心中』


スポンサーサイト



テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -