FC2ブログ

「昭和元禄落語心中」第4回

ふたりの道が分かれる時。
第4回『破門』ネタバレです。


昭和28年からテレビでも落語が放送され人気を博していた。
そして昭和29年。
新人賞を受賞した菊比古は去年の新人賞・助六とともに
真打ちの候補になっていた。
助六は師匠の七代目有楽亭八雲からの借金すら返さない。
客の人気は高いが、その言動から他の師匠たちの評判は悪かった。
一方、菊比古は廓話の評価が高く、周囲の受けも良かったが、
本人は助六との実力差を感じていた。

ある日、菊比古は客との喧嘩で協会を除名された木村屋彦兵衛が
落語をすると聞き居酒屋に入る。
彦兵衛の『死神』を聞いた菊比古は自分に教えて欲しいと声を掛ける。
驚く彦兵衛に廓話の菊比古の殻を破りたいという言葉に彦兵衛は、
『死神』を伝授する。
稽古は朝まで続き、彦兵衛も一応合格点を出した。
そして"実力だけでは真打ちにはなれない、
師匠たちの機嫌だけは損ねるなと注意される。

早速、八雲の前で披露すると高座にかけるかと言われるほどの出来。
ただ 真打ちになりたければ、みよ吉と別れろと言われ、
菊比古は困惑する。

みよ吉から身請け話があると聞いた菊比古は冷たい態度で返し、
助六はそんな菊比古を責める。
そんな折、協会会長から納涼落語会の『トリ』を打診された菊比古・・・。


独創的というか破天荒というか型にはまらない個性は
既存の勢力からは良く思われないのが通例。
特に助六(山崎育三郎)は師匠たちに無礼だし、
相変わらずお金にもだらしないし身なりも構わない。

上品で正統派の菊比古(岡田将生)はその真反対。
ただ、助六との実力差は菊比古も実感しているし、
七代目有楽亭八雲(平田満)も真打になるには
ちょっと"弱い"と感じている。
いわゆる壁にぶち当たった状態。

ここで出てくるのが木村屋彦兵衛(柳家喬太郎)。
『死神」は彦兵衛の演目だったんですね。
この人がお酒で身を持ち崩したのも戦争のせい。

まあ、いきなり『死神』で八雲は驚いたでしょうに。

そしてみよ吉(大政絢)を取るか落語を取るか。

菊比古に自分の居場所は自分で作ると言ったみよ吉の居場所が
いつの間にか菊比古その人になっている。

落語と言う自分の居場所を守る。
自分の居場所を確かなものにする。
みよ吉への気持ち・・・でも・・・。

この溝はもう埋まらない。
それをみよ吉も感じている。
傍で見てきた助六もまた・・・。

菊比古の『死神』。
死神が若い・・・確かに彦兵衛とは違う。
そして初回の八雲のそれとも違う。
でも凄い。

落語って話術であるけれど同時にひとり芝居。
・・・今更ではあるけれど。

二人は同時に真打昇進。
ところが会長の本音を聞いた助六は
突然、会長の十八番『居残り佐平次』を話し始める。
菊比古は会長のそれとは違うが・・・と感心し、客たちは大喝采。
しかし会長の前で勝手に『居残り佐平次』を演じるのは
喧嘩を売るのと同じこと。

・・・自分に自信があるからなのだけれど。
・・・自業自得ではあるのだけれど。

居場所を失ったふたりが近づいていく。

「昭和元禄落語心中」
第1回『約束』第2回『助六』第3回『迷路』




スポンサーサイト

テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中(第4話・2018/11/2) 感想

NHK総合・ドラマ10『昭和元禄落語心中』(公式) 第4話(全10回)『破門』の感想。 なお、原作の雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)は、未読。アニメ版も未見。 端正で上品な芸の菊比古(岡田将生)と豪快で柔軟な芸の助六(山崎育三郎)は若手落語家として並び立つ存在になった。菊比古は酒で身を持ち崩した先輩落語家・彦兵衛(柳家喬太郎)から人間の業に満ちた...
*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -