FC2ブログ

「昭和元禄落語心中」第3回

自分の落語。
自分の居場所。
第3回『迷路』ネタバレです。


昭和25年12月。
菊比古は師匠に黙って、銀座の洋食屋で働いていた。
生活するためだったが、そのために稽古が出来ず、
稽古が出来なければ、寄席に呼ばれず・・・。
一方の初太郎改め助六は菊比古の部屋に居候。
若手注目株として人気を獲得し寄席に出て稼ぐ一方で
遊び暮らしていた。

助六の落語の腕はすでに二つ目以上。
しかし七代目八雲は、全く稽古に来ず、
芸風が自分と違う助六に苦々しさを感じていた。

菊比古は七代目に"お前の落語は隙がねえ"と言われてしまう。
悩む菊比古を見かねて七代目はお座敷に連れ出し、
芸者のみよ吉と引き合わせる。
寄席で菊比古の落語を見ていたみよ吉は菊比古の落語を好きだと言う。
ふたりは自然に惹かれあっていく。

そんな中、二つ目だけで芝居をやると助六が菊比古を誘う。


菊比古(岡田将生)が助六(山崎育三郎)の糟糠の妻みたい。
助六は若手の注目株として寄席で人気を獲得しているが、
芸の肥やしと言いながら遊んでばかり。
食べるものがないと菊比古が働く洋食店にまで現れながらも、
食費はおろか、家賃も入れない。
でも菊比古もまた落語家。
働かなければ生活ができない。
働いているから稽古ができない。
結果、寄席に呼ばれない・・・完全な負のスパイラル。

この状況で苛立たない人はいない。
菊比古はもちろん、七代目八雲(平田満)も。

菊比古は芸者のみよ吉(大政絢)に踊りを教え、
せがまれて三味線を弾き・・・みよ吉は菊比古に惹かれていく。

そして噺家がやる芝居・・・鹿芝居。
自分の進む道は間違っていたのではないかと悩む菊比古に
「自分の居場所は自分で作る」と言い切るみよ吉。
初めての芝居に弱気になっていた菊比古に
「大舞台の時は客席を見渡すの」と言うみよ吉。

高座から見る客席とは違う。
花道から舞台へ。
自分が動くと客席の視線も動く。

自分の居場所は自分が作る。
声を張るでもない、愛嬌を振りまくでもない。
助六とは違う色合いの、佇まいと語り口でお客を惹きつける落語。

岡田将生さん、凄い。
もちろん、山崎育三郎の『夢金』も面白かったけれど、
『品川心中 上』・・・劇中の落語なのにざわっとした。

「昭和元禄落語心中」
第1回『約束』第2回『助六』

スポンサーサイト



テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中(第3話・2018/10/26) 感想

NHK総合・ドラマ10『昭和元禄落語心中』(公式) 第3話(全10回)『運命の恋の始まり! 友との競争が激化!』の感想。 なお、原作の雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)は、未読。アニメ版も未見。 二ツ目となった菊比古(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は華がなく、客に受けないのだ。一方、助六(山崎育三郎)を名乗るようになった初太郎は...
*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -