FC2ブログ

「昭和元禄落語心中」第2回

捨てられた少年と落語の世界。
第2話『助六』ネタバレです。


昭和11年。
足の不自由な少年は七代目・有楽亭八雲の内弟子へと預けられた。
ところが入り口には汚い身なりの少年がいて、
自分の方が先に弟子入りしたと言われる。
七代目・有楽亭八雲はふたりとも内弟子にすることになる。

踊りの家元の妾の息子として生まれた少年は、
義母に疎まれながら暮らしてきたが、
足を悪くし踊れなくなり七代目の元にやってきた。
一方の少年は祖父に育てられたが、
その祖父も亡くなりここにやってきた。
「坊」こと後の八代目八雲と後の有楽亭助六はこうして出会い、
正反対の気質ながら親しくなる。

七代目の元で修業を積んだふたりは
菊比古、初太郎と前座名をもらい、初めての高座へ。
七代目にもっと声を張れと言われ悩む菊比古に、
初太郎は菊比古ならではの演目を勧められ、
密かに稽古を始める。
しかし、戦時色がどんどん強くなっていく中、
いくつかの演目が相応しくないとされ・・・。


弟子の与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)に聞かせる形で
八代目・有楽亭八雲の語りが始まったのですが、
・・・あれ?普通のドラマになっている(苦笑)。
後の八代目八雲(岡田将生)が落語の世界に入った、
・・・押し込まれてからの話であり、助六((山崎育三郎)との話。

先週の凄みは何処かに消えて若い日の八雲は線が細く内向的。
神社かどこかの階段から落ちて足を悪くした八雲。
これが2サスなら八雲の踊りの才能を妬んだ義母が
我が子可愛さに・・・というところ(苦笑)。
七代目八雲(平田満)に弟子入りとは言いながら、
実家に居場所を無くした八雲が義母に追い出された形であり、
全く望まない形での入門。
興味を持てなかった落語であっても、
それでも芸事が好きで三味線もこなしてしまう八雲。

一方、身寄りが無い助六は失うものは何も無い。
生命力旺盛で物怖じせず、強気強気で押し捲る。
まあ、「八雲」の名跡が欲しいと押しかけたくらいだからねぇ。

落語を演じる場はどんどん無くなる中、
満州に慰問に行くことになる七代目。
初太郎を連れて行く、お前は疎開する妻の田舎に一緒・・・と言われ、
動揺する菊比古。
それでなくとも落語に対するスタートラインが違う、
学校に行っている自分と落語漬けの初太郎。
そして今・・・また"捨てられるのか"という恐怖。

終戦。
七代目も初太郎も無事に戻ってきた。
初太郎の落語は七代目も認めるほど見違えたらしい。

ここからふたりの関係は変わっていくのでしょう。
そして七代目を訪ねてひとりの女性(大政絢)が現れる。

「昭和元禄落語心中」
第1回『約束』



スポンサーサイト



テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中(第2話・2018/10/19) 感想

NHK総合・ドラマ10『昭和元禄落語心中』(公式) 第2話『助六』の感想。 なお、原作の雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)は、未読。アニメ版も未見。 後の八代目八雲(岡田将生)と二代目助六(山崎育三郎)は少年時代、1936年の同じ日に七代目八雲(平田満)に弟子入りし、正反対の気質ながら親しくなる。5年後、2人はそれぞれ菊比古、初太郎という名を与えら...
*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -