FC2ブログ

「昭和元禄落語心中」第1回

老いた落語家の前に『似た男』が現れる。
第1回『約束』ネタバレです。


今秋、一番興味があったドラマはこれ。
初回はまさかの延長で110分。
NHKだから当然CMもないし、長いのか…と思っていたのに
長さを感じなかった濃厚な110分。
【原作】雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
【脚本】羽原大介
【落語監修】柳家喬太郎
・・・原作未読。

昭和50年代。
「昭和最後の名人」である落語家・八代目・有楽亭八雲。
その八雲の運転手の松田の前にひとりの若者が声を掛ける。
八雲の弟子にして欲しいと言う若者に対し、
松田がやんわりと断っているところに、
高座を終えた八雲が現れる。
1年前、刑務所で見た八雲の落語を見て感動したという与太郎に
何かを重ねた八雲は車に乗るようにという。
八雲は与太郎を連れ帰り、養女の小夏に弟子をとったことを告げる。

松田は与太郎に小夏が早世した天才落語家、有楽亭助六の娘であり、
事故で両親を亡くした小夏を八雲が引き取ったと聞かされる。
弟子入りが出来た与太郎はに対し、
小夏は辞めるよう勧める。

付き人になった与太郎は八雲に付いて寄席に出入りするようになる。


メイクだけではない年齢を重ねた姿勢や話し方、顔の上げ方、目線など、
八代目・有楽亭八雲(岡田将生)はもう、そうとしか見えない。
うん、色気があると言うか艶っぽいというか。
そして大御所としての凄みの圧も感じる。

松田(篠井英介)さんのメイクは何とかならなかったのかな・・・。

有楽亭与太郎(竜星涼)はあのテンションと図々しさと
厚かましさに途中まで結構・・・相当イライラしていたのですが、
・・・「アンナチュラル」の葬儀屋さんよね?

このドラマ、俳優の知らない顔、新しい顔をバンバン見せてくれる。

小夏(成海璃子)があそこまで八雲を憎むのは
一にも二にも父・有楽亭助六(山崎育三郎)の死。

ただ、この助六の死の真相は落語協会会長の円谷萬歳(平泉成)も、
小夏が働く料亭の女将のお栄(酒井美紀)も知っている口ぶり。

で萬歳が八雲に対して与太郎は助六に似ているから
弟子にしたんだろう?とか聞いている。
ただ、八雲が初めて与太郎に会った時、
与太郎の土下座を見たときにインサートされたのは
幼い頃の八雲の・・・自分の姿じゃないのかな?

八雲が与太郎にさせた三つの約束。
一つ目は「八雲と助六の落語を全て覚えること」。
二つ目は「助六と果たせなかった落語の生き延びる道を作ろう」。
この二つ目はこの約束をどちらか1人が欠けたとしてもできないこと。
そして三つ目は「自分より先に死なないこと」。
この三つ目は与太郎だけではなく小夏にも向けられたもの。

八雲が話し始める「あたしとあの人に何があったのか」。
次回からは二人の若者の物語。

スポンサーサイト



テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

*コメント:

非公開コメント

*トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中(第1話/初回25分拡大・2018/10/12) 感想

NHK総合・ドラマ10『昭和元禄落語心中』(公式) 第1話/初回25分拡大『約束』の感想。 なお、原作の雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)は、未読。アニメ版も未見。 1977(昭和52)年。服役を終えて刑務所を出た与太郎(竜星涼)は落語家・八雲(岡田将生)に弟子入りを願い出る。刑務所落語慰問会で演目「死神」を披露した八雲に魅了されたのだという。弟子...
*最新記事
*カテゴリ
*RSSリンクの表示
*リンク
*QRコード
QR
*検索フォーム
*Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

*最新コメント
*最新トラックバック
*「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
*プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

コメント、トラックバックは歓迎しますが、
記事に関連性がない、あらすじのみ、
該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも
一方を削除させて頂いております。

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

*amazon
*black cats
*カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31