宮部みゆきサスペンス「模倣犯」(前編・後編)

連続女性誘拐殺人事件を追うルポライター。
発見者の少年。
被害者遺族の老人。
彼らが辿り着いた先にあったものは・・・。
[六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル
宮部みゆきサスペンス「模倣犯」](前編・後編)ネタバレです。
模倣犯 全5巻完結セット (新潮文庫) [文庫] by 宮部 みゆき模倣犯 全5巻完結セット (新潮文庫) [文庫] by 宮部 みゆき
新潮社
by G-Tools

東京・台東区の公園で女性の右腕とバッグが見つかった、
定期入れから三か月から行方不明の20歳の会社員・古川鞠子のものと判明。
捜索願を出していた鞠子の母・古川真智子と祖父・有馬義男を呼び、
警視庁捜査一課の武上刑事は状況を説明していると、
警察にテレビ局から妙な情報が入る。
犯人らしき人物が人工音声の電話で「腕は鞠子のものではない。
彼女は別の場所に埋めてある」と告げたと言うのだ。
それを聞いてしまった真智子は茫然自失のまま車道に彷徨い出て
トラックにはねられてしまう。
そのニュースを見ていたルポライターの前畑滋子は、
自分の資料に古川鞠子の名を見つける、
失踪女性のルポで取り上げた人物だったが、
ルポは結婚後、中断する形になっていた。
滋子は雑誌『サブリナ』の板垣編集長にルポを書かせて欲しいと懇願、
滋子の熱意に動かされた板垣は警察が未発表の情報を伝える。
右腕の第一発見者の塚田真一という17歳の少年は、
1年前に起きた一家強盗殺人事件の唯一の生存者だというのだ。
身寄りがない真一が世話になっている父の友人宅へ向かうと、
入り口で少女が何かを訴えて大騒ぎしていた。
滋子が電話すると真一は家から出てきてくれる。
事件のことは話さないようにと警察に言われている、
家には戻らずホテルに泊まるという真一を滋子は家まで連れ帰る。

豆腐店を営む有馬は人工音声の電話を受けホテルに呼び出される、
フロントで預けられていた手紙を受け取るが、
手紙を持ってきたのは女子高生だったという。
有馬は手紙の指示通りに動いたが手掛かりは得られず、
義男は憔悴しきって帰宅すると門扉に賭けられた紙袋には、
鞠子の腕時計が入ったいた。


数年、読書から離れていた時期がありました。
「模倣犯」はちょうど(?)読みそびれた形になっています。
その後、映画の試写会で著者が途中退席したとのニュースがあり、
どれだけ脚色(改ざん)したのかしら・・・と呆れた記憶があります。
後日、読もうとしたもののあまりのボリュームに手が出せず、
未読のままの「模倣犯」。
ハードカバー発売から十数年経っていることもあり
当然、現代風にアレンジされているでしょうけれど、
どの程度脚色されているのかはわかりません。
二夜連続で五時間弱のドラマなのに、
その長さを感じなかったくらいに引き込まれました。

大体・・・忘れがちですがテレビ東京は東京のローカル局。
それなのに中谷美紀、坂口健太郎、濱田龍臣、杉本哲太、
室井滋、岸部一徳、橋爪功etc.
ほとんど端役で有森也実、渡辺いっけい、森本レオや飯田基祐が
顔を出す豪華さ。
・・・まあ、何せ登場人物がかなり多いゆえですが、
〔六本木3丁目移転プロジェクト〕。
テレ東さん、頑張りました!

ルポライターとしては無防備というか脇が甘い前畑滋子(中谷美紀)。
でも普通の感覚を持ち続けていたことが彼女の武器だったのかなと。
スウェットでゴロゴロしていた彼女の少しずつ変わっていく表情。
特に取材者で傍観者だった彼女が当事者になってしまい、
ごめんなさいと呟きながら彷徨う姿は前半のハイライト。
その彼女と網川浩一(坂口健太郎)がすれ違うのは、
偶然なのか意図的なのか・・・(後者よねぇ)。
確かに気の毒この上ない境遇ですし、
母親は自業自得の面はありますがでも・・・。
それにしても坂口健太郎は星野さん(でしたっけ?朝ドラ)と同一人物とは思えない。
悪役をやっても華がある・・・というかメインの悪役は華がないと。
「アンフェア the end」はこのキャスティングが致命的だったものねぇ。

「模倣犯」はこういう意味だったのね。

もうひとり印象に残ったのが高井和明役の満島真之介。
知的ハンデがある彼のピュアさが目線から指先から伝わってきた。

岸部一徳と橋爪功のベテランふたりはもう適役。
「俺たちはお前にはもううんざりなんだよ。」
武上刑事(岸部一徳)の怒り。
古川真智子(室井滋)の言葉を聞いた有馬(橋爪功)の公園での絶叫。
被害者と被害者家族の悲しみ、苦しみは終わらない。

網川にこの嘆きは伝わるでしょうか。
この痛みがわかるでしょうか。

塚田真一(濱田龍臣)と樋口めぐみ(久保田紗友)が
前を向いたことに救われた結末。

やっぱり原作読まなくちゃ・・・心が元気な時に。
スポンサーサイト

テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 模倣犯 宮部みゆき テレビ東京 中谷美紀 坂口健太郎 濱田龍臣 室井滋 岸部一徳 橋爪功

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮部みゆきサスペンス「模倣犯」前篇

原作未読で、話題になった映画も見てないため、なかなか興味深く、惹きつけられました。ヒロインが、ルポライターの前畑滋子(中谷美紀)ってのもイイですよね。留守番してて、思いがけず加工音声の犯人の声を聴いたり…キャスティングも面白い気がしました。時代が、子供時代、ウン年後、と前後するのも、全貌に関係するのかな? 劇場型犯罪、という形では、ふと、デス・ノートを連想しました一見、犯人死亡の形で、終わり...

宮部みゆきサスペンス「模倣犯」後篇

やはり、前篇で、ヒロインが「電話で犯人と会話した」のは、流れが変わる重要事項でもあったのですね。でも、それゆえ、ルポライター・前畑滋子(中谷美紀)は、その件を扱った連載が好評ですっかり売れっ子になり、同時に、猛烈な逆風も経験して、家庭崩壊の危機にまで。物語を支える、ピース役の網川浩一(坂口健太郎)熱演。朝ドラ出身で、思いっきり癒し系だっただけに、この狂気が必要な役柄は、芸域が広がったかな?と...

宮部みゆきサスペンス「模倣犯」 (前後篇・2016/9/21,22) 感想

テレビ東京系・宮部みゆきサスペンス『模倣犯』(公式) 『累計420万部を突破した宮部みゆきの代表作が中谷美紀・坂口健太郎ほか豪華キャストで待望の初ドラマ化!未曾有の連続誘拐殺人事件の真相は…!?2夜連続放送』の感想。 なお、原作の宮部みゆき氏『模倣犯』は既読。また、森田芳光脚本監督の映画『模倣犯(2002年)』も鑑賞済み。 【前篇】  東京・台東区の公...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -