「相棒 season 14」第17話

物理学者が"存在する世界"。
第17話『物理学者と猫』ネタバレです。
シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。
ジョン・グリビン 松浦俊輔
青土社
by G-Tools

第17話『物理学者と猫』
脚本:徳永富彦 監督:兼﨑涼介
ゲスト:正名僕蔵 中丸新将 大沼百合子 林田麻里


杉下と冠城は遺留品の返却に帝都大学を訪れる。
二ヶ月前に事故で亡くなった成田知子教授の遺品を
帝都大学の職員の彼女の夫の成田裕二を渡すためだ。
量子コンピューターの核となる実験に成功し、
アメリカから誘いも来ていた彼女は実験中に事故死していた。
その道すがら遺留品の古い研究ノートを見ていた杉下は、
数式の最後に赤いペンで書かれている『RT』の文字が気になり、
知子と交流のあった准教授・堀井の研究室を訪ねる。
応答がなかったため、先に成田裕二に会ったふたりは
彼が知子の研究内容に関しては判らないこと、
知子の研究を引き継いだのが山嵜麻美准教授だと知る。

これから実験をすると言う山嵜から堀井は研究室にいるはずだと聞き、
杉下と冠城はもう一度、堀井の研究室を訪ねる。
招き入れられたふたりは黒猫を見、
杉下は"シュレディンガーの猫"を連想する。
杉下、冠城と堀井がそんな話をしていた午前9時20分、
学内に非常ベルが鳴り、三人は実験室に急ぐ。


山嵜麻美准教授(林田麻里)を殺したとして、
堀井亮(正名僕蔵)に迫る杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。

9時16分に終わってどうする!

はぁ~ん・・・。

・中が見えない箱に猫を入れて蓋をする。
・猫は生きているか死んでいるか?蓋を開けるまでは分からない。
・蓋を開けるまでは「生きている世界」と
「死んでいる世界」は重なり合っている状態。
・蓋を開けた瞬間にどちらの世界になるか決定される。
・仮に生きていたとしても死んでいた世界もまたどこかに存在し続ける。

『シュレディンガーの猫』。
同時並行的に存在する世界。

・・・脚本家に決断力がなくてこのラストで行くと決められなくて、
何パターンも作ったのかと思った(苦笑)。
「season 8 第18話」『右京、風邪をひく』のような
センスの良さも感じられなかったし、
『RT』の意味が明かされる前から
誰が知子を殺したかはなんとなく想像できていたもので。

ちなみに黒猫さんは今や飛ぶ鳥落とす勢いのZOOプロのジャック

成田知子(大沼百合子)と堀井は物理を研究する同志として
純粋に繋がり認め合っていた。
ふたりのその想いをストレートに描いてくれた方が感動したように思います。

「相棒 season 14」
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
第11話第12話第13話第14話第15話第16話
高校数学でわかるシュレディンガー方程式―量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ (ブルーバックス)高校数学でわかるシュレディンガー方程式―量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ (ブルーバックス)
竹内 淳
講談社
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 相棒season14 水谷豊 反町隆史 正名僕蔵 大沼百合子 林田麻里 シュレディンガーの猫 ZOOプロ

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 season14 (第17話・2016/2/24) 感想

テレビ朝日系・『相棒 season14』(公式) 第17話『物理学者と猫』の感想。 2カ月前、量子コンピュータに関する画期的な研究で知られる大学教授の知子(大沼百合子)が、実験中に事故死した。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品を返却するために大学を訪問。同大学職員で夫の成田(中丸新将)に遺留品を返した後、知子の研究を引き継いだ准教授の麻美(林田麻里)...

相棒14 「物理学者と猫」〜面白い! 今回、視聴者はパラレルワールドを疑似体験した!

 SF的手法ですね。  ここで描かれた現実は、 ?山嵜麻美(林田麻里)が成田知子(大沼百合子)を殺して、復讐のために堀井亮(正名僕蔵)が麻美を殺した。 ?成田裕二(中丸新将)が妻の知子を殺し、研究を自分のものにしようとした麻美も殺し、復讐のために堀井が成田...

相棒season14 第17話

ノーベル賞にも値する量子コンピューターの実験に成功した知子(大沼百合子)が、実験中の事故で命を落としました。 2ヶ月後、右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、知子の遺留品の返却を命じられます。 右京さんは、知子の研究ノートに赤ペンで書かれた「RT」の文字に興味を惹かれます。 また、亘は知子の死因に関わる実験器具の数が、別人の筆跡で書き直されていることに疑念を抱きます。 ...

相棒14 テレ朝(2/24)#17

第17話 物理学者と猫 あらすじループする時間と一変する事件の結末 “物理学の迷宮”に迷い込んだ特命係の運命は!?  右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で帝都大学を訪れる。次世代機器として注目を集めている量子コンピューターの核となる実験に成功した成田知子(大沼百合子)という物理学者の遺留品だった。彼女は、実験中のアクシデントで死亡し、警察ではそれを事故死として処理していた。道すが...

相棒season14 第17話

「物理学者と猫」 内容遺留品の返却へ向かう右京(水谷豊)と亘(反町隆史)2ヶ月前に事故で亡くなった成田知子(大沼百合子)が親しかったという、帝都大准教授、堀井亮(正名僕蔵)に手渡そうとするが、いなかった。右京は、遺留品の研究ノートにある“RT&rdqu...

相棒14期第17話(2.24)

『物理学者と猫』  脚本:徳永富彦 監督:兼﨑涼介 実験の最中に死亡した物理の教授の遺留品の返却のため、 大学を訪ねる杉下(水谷豊)と冠城(反町隆史)。 教授の論文の不明な箇所を尋ねようと 助教授の堀井(正名僕蔵)の部屋をノックする杉下だったが、 返答はなし。 堀井はそのときある人物の殺害を計画していた。 殺人を実行しようとしていた堀井助教授とその都度現れる特命係、 幾つかの平行世界を辿る...

相棒 Season14「物理学者と猫」

賛否両論の中で、随分、チャレンジ精神旺盛な実験作でしたね。 右京さん(水谷豊)が指パッチンするごとに変わっていく現実、というかディテール。 私は、SFチックで不思議な相棒が観られて「へ~~っ」でした。 でも、相棒名物、やはり「証拠品を返却に行き」巻き込まれちゃうあたり、個人的にウケたりして (^^*) 不思議パラレル・ワールド世界には、黒猫がお似合いで印象的でした。 ...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -