「まんまこと~麻之助裁定帳~」第9話

富くじとお告げ。
「鬼神のお告げ」ネタバレです。
ときぐすり (文春文庫)ときぐすり (文春文庫)
畠中 恵
文藝春秋
by G-Tools

お寿ずのおめでたが判って半年。
富くじの当たりの確認をするために麻之助は、
清十郎と吉五郎、貞吉らと天満宮にいた。
当たったら生まれてくる子のために使うとはしゃぐ麻之助だが、
そこで聞き慣れた声を聞く。
天満宮には高橋家の手代・巳之助も来ていたのだ。
巳之助によると庚申の夜に身体から這い出して
天帝にその人の悪行を告げるという三尸の虫を捕まえて、
当たり札の番号を聞き出したのだという。
そして巳之助は富くじで一等の600両を当てる。
経費が引かれた残り250両を受け取った巳之助は、
そこから200両もの金を天満宮に寄進する。

評判はうなぎ上りになり、
巳之助のお告げを聞きたいという人々が高橋家に押しかける。
そんな騒ぎの中、巳之助は宗右衛門に
残りの金を預かって置いて欲しいと相談、
宗右衛門は快く預かるのだが、その場にいた麻之助は
巳之助のうかない様子が気にかかる。

麻之助は身重のお寿ずに簪を買った帰り、
橋の上で妙な様子の巳之助に声をかけると重大な告白を聞く。
お告げの最後には富くじの興行に関った誰かが
死ぬというものがあったと言う。


干支の庚(かのえ)申(さる)の日を意味する庚申(こうしん)。
高橋家の手代・巳之助(えなりかずき)の話は
眉唾というか何か胡散臭い。
でも600両が大当たりしてしまう。

天満宮ではたくさんの身寄りのない子がいた。
そのことで城木神官(斉藤洋介)と遊佐神官(林泰文)の間で揉め事が起きていた。
そして巳之助は高橋家に奉公する前、神社に預けられていた。

まあ、お金は天満宮に返すことになるのでしょうけれど、
巳之助の心へのダメージが心配。

ちなみに庚申。
今年はあと2回。
10月21日(月曜日)と12月20日(金曜日)・・・お告げ聞いてみます?

それにしてもまさかお寿ず(南沢奈央)が・・・。
具合が悪そうなのは
お腹は大きくなったから・・・ではなかった。
おさん(竹下景子)に麻之助(福士誠治)への想いを託すお寿ず。
お寿ずに優しい言葉をかけ励ます麻之助。

まあ、みるみる弱っていき虫の息・・・には見えなかったけれど。

廊下に座っているお由有(市川由衣)と清十郎(桐山漣)。
ふたりを守るように・・・。

八木家の跡取りの清十郎が娶ったら、
お由有と幸太の立場はどうなるのだろう。
たくさんの縁談が舞い込む中で清十郎が踏み出せないのは
おと吉(桧山うめ吉)のことだけではないだろう。
そしてお寿ずと子を失った麻之助。

来週は最終回。
スポンサーサイト

テーマ : 最近のドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : まんまこと~麻之助裁定帳~ 木曜時代劇 福士誠治 南沢奈央 市川由衣 竹下景子 えなりかずき 桐山漣 桧山うめ吉

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -