「世界初!犯人の視点から描くオリエント急行殺人事件 今夜完結!」

昭和8年2月。
豪華寝台列車「特急東洋」で実業家が殺された。
ネタバレです。
オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)
アガサ・クリスティ 長沼弘毅
東京創元社
by G-Tools


昭和3年。剛力陸軍大佐の幼い娘・聖子が誘拐され。
当初、身代金の支払を拒否した剛力大佐だったが、
能登陸軍大佐の進言により、身代金を犯人に受け渡す事にした。
ところが誘拐犯は身代金を受け取った後、聖子を殺害してしまった。
警察の捜査により笠原健二が逮捕され起訴されたものの、
証拠が情況証拠ばかりで決め手に欠けた為、無罪の判決が下ってしまう。
聖子の母で身重の曽根子は事件のショックで倒れ、胎児とともに死亡。
剛力大佐も失意の中、拳銃で自ら命を絶ってしまう。
事件当初犯人と疑われた剛力家の小間使いの三木小百合は
無実を主張して警察署内で抗議の死を選ぶ。

曽根子の名付け親である轟侯爵夫人、
曽根子の実母で元女優・淡島八千代でもある羽鳥典子、
安藤伯爵夫人であり曽根子の妹である浪子ら3人が中心となり、
聖子の家庭教師だった馬場舞子に笠原健二の殺害計画の相談を持ちかける。


もちろん原作既読。
・・・前夜があまりにナニで第2話も見るかどうかずいぶん迷ったのですが、
前夜よりはよっぽど見やすかったのはなぜかと言えば、
勝呂武尊(野村萬斎)の出番が少ないからなのね。
まあ、ポアロはみんなに愛されるなんてキャラではないのだけれど、
喪黒福造と熊倉一雄氏と小池朝雄氏と田中明夫氏+αのMIXの話し方に、
もう最後まで違和感だらけ。
・・・「あぐり」や「のぼうの城」の萬斎さんじゃいけなかったのかしら。

第2話は犯人側からの視点という群像劇。
羽鳥夫人(富司純子)と轟侯爵夫人(草笛光子)。
この大ベテランおふたりが纏う風格と存在感がもう圧倒的。
計画の中心にいる馬場舞子(松嶋菜々子)と能登陸軍大佐(沢村一樹)の
時を待つ(しかない)中での焦りと冷静さと緻密さ。
そして互いに対しての抑えた愛などこちらも素晴らしい。
引き換えビジュアルだけだったのが安藤伯爵夫人。
姉一家の復讐がなんだか楽しそうに見えちゃう始末。
轟侯爵夫人やお母様のような突き動かされる怒りや憤りなどが
まったく伝わってこなかった。
脚本が悪いのか演じ手の問題なのか・・・。
NHK連続テレビ小説 あぐり・総集編DVD-BOXNHK連続テレビ小説 あぐり・総集編DVD-BOX
田中美里 野村萬斎 吉行あぐり
日本コロムビア
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : オリエント急行殺人事件 野村萬斎 喪黒福造 富司純子 草笛光子 松嶋菜々子 沢村一樹

コメント

No title

sannkenekoさん、遅ればせながらあけましておめでとうございます~
今年もどうぞよろしくお願いいたします~
>前夜よりはよっぽど見やすかったのはなぜかと言えば、
勝呂武尊(野村萬斎)の出番が少ないからなのね。
そういう方多いと思います(笑
私は一夜の後半ぐらいには慣れたけど、やっぱり野村さんの
出番が少ない二夜の方がすっとドラマの世界に入れましたもん。
>喪黒福造と熊倉一雄氏と小池朝雄氏と田中明夫氏+αのMIXの話し方に、
いろんなキャラが混じってましたよね。そこに狂言ぽいアレも加わって・・でも三谷さんはこういう感じでオッケーだったんですよね?
なんだろ・・・今までの「オリエント急行殺人事件」映画とかドラマとはまったく違うものにしようとしたらこうなったのかな?
>脚本が悪いのか演じ手の問題なのか・・・。
三谷さんらしい部分が少なくて、苦戦したんだろうな~とも思いました。リスペクト故でしょうかねぇ・・・


きこりさんへ。

こちらこそご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いいたします。

>私は一夜の後半ぐらいには慣れたけど、やっぱり野村さんの
>出番が少ない二夜の方がすっとドラマの世界に入れましたもん。
私は最後まで気になって、というか気に障って話が入ってこなかったです。
>でも三谷さんはこういう感じでオッケーだったんですよね?
OKですか?
萬斎さんが意識しているのかどうかは存じませんが、
狂言口調というかオーバーアクション的な演技になるので、
無理にキャラを入れる必要ないと思うんですよね、私は。

セットとか衣装は雰囲気があって好きでしたけどね。

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「オリエント急行殺人事件」 第一夜

 さぁ、ついに始まりましたよ。 三谷幸喜版「オリエント急行殺人事件」 原作も読んでますし、映画も見ています。 だからもちろん犯人は知っているけど、日本の昭和8年を舞台にし ...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -