「ぼんくら」第六話

十七年前の失踪。
第六話『過去から迫る闇』
アジサイ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)アジサイ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
川原田 邦彦
日本放送出版協会
by G-Tools

昨夜のレビューを書こうとしたら、
第六話をアップしていないことを発見。
・・・書いたつもりだったんですけれど(汗)。

紫陽花の季節。
お徳(松坂慶子)はおくめ(須藤理彩)を弟子にし、
煮物屋として仕込むと皆に宣言する。
井筒平四郎は湊屋総右衛門と佐吉、岡っ引きの仁平らの因縁を知る。
ある日、湊屋総右衛門の娘・みすずが鉄瓶長屋に押しかけてくる。
西国の大名への嫁入りが決まっているみすずは佐吉を気に入り、
お嫁にもらってと言うが主人筋の娘だからと佐吉は取り合わない。
平四郎はみすずから両親を嫌っていること、
その両親が良く佐吉の話をしていると話し、
佐吉の母・葵の十七年前の失踪のことも聞きかじっていた。
みすずを湊屋に帰したあと、平四郎が佐吉から話を聞くと
葵が湊屋の金を持ち出し手代と駆け落ちしたと語り始める。
佐吉は強い負い目を感じているようだったが、
それは平四郎に頼み辻井英之介が調べた事実とは違っていた。


鉄瓶長屋から店子が出て行っている話は一時中断というか、
今回は佐吉(風間俊介)の話。
十七年前の佐吉の母・葵(佐藤江梨子)の失踪と、
それが原因で佐吉と湊屋総右衛門(鶴見辰吾)の関係というか、
否応なく卑屈になっている佐吉の姿。

ただ、葵の件は井筒平四郎(岸谷五朗)が知る、
黒豆こと辻井英之介(音尾琢真)の調べとは違う。
そしてみすず(山田朝華)が言っていたことも佐吉のそれとは違う。
つまり佐吉はそう教え込まされていたことになる。
だから平四郎が怒るわけで。

「ぼんくら」
第一話第二話第三話第四話第五話
ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools

ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 2014年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ぼんくら 宮部みゆき 岸谷五朗 松坂慶子 風間俊介 音尾琢真 須藤理彩 山田朝華

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -