「ぼんくら」第二話

年若い差配人と桶職人の父娘。
第二話『烏を連れた差配人』ネタバレです。
NHK 考えるカラス―「もしかして?」からはじまる楽しい科学の考え方NHK 考えるカラス―「もしかして?」からはじまる楽しい科学の考え方
川角 博
NHK出版
by G-Tools

井筒平四郎は志乃が跡継ぎにと熱望する甥・弓之助を連れ見廻りに。
八百屋殺しの後、差配の久兵衛が姿をくらました深川北町・鉄瓶長屋で
最近見かける烏に導かれるように桶職人・権吉のもとを訪れる。
家にいた娘・お律は権吉は元気だと言うが、
平四郎が煮売り屋のお徳に話を聞くと権吉が賭場に入り浸っていると言う。
その直後、鉄瓶長屋の大家・湊屋から新しい差配人として佐吉がやってくる。
件の烏も佐吉が官九郎と名づけ育てているのだと言う。
佐吉の若さに面食らう平四郎を訪ねてきた湊谷の使いの話によると
長屋で起きた事件が事件だけに差配人のなり手がなく、
湊屋総右衛門の遠縁に当たる佐吉に決まったと言うことだった。
お徳が佐吉を毛嫌いする中、権吉の元に借金取りが現れる。
平四郎は慌てて駆けつけるが借金取りはお徳が追い払った後。
そしてお徳から権吉が賭場で十両の借金を作り、
そのカタにお律を岡場所に・・・と約束したらしいと聞く。


・・・・可愛い系なんだよね、この弓之助(加部亜門)。
絶世の美少年というのとはタイプが違う。

まあ、それはともかく、この桶職人の話は原作で?と思った話。
佐吉(風間俊介)の言うことは正論だけれど、
権吉(越村公一)はばくち狂いを通り越して救いようがない男で、
そんな父のために身売りするしかないお律(清水くるみ)が不憫で。
だからお律が消えた(逃げた)時にはほっとしたものの、
・・・これで終わり?と。

井筒平四郎(岸谷五朗)もお徳(松坂慶子)も佐吉(風間俊介)も
何が起きているのか、起ころうとしているのか判っていない。
ただ久兵衛(志賀廣太郎)は鉄瓶長屋の近くにいる。
事の次第を見つめている。

「ぼんくら」
第一話
ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools

ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 2014年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ぼんくら 宮部みゆき 岸谷五朗 松坂慶子 風間俊介 志賀廣太郎 加部亜門

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -