スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼんくら」第一話

殺し屋の正体。
第一話『忍びよる影』ネタバレです。
ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools

NHK木曜時代劇新シリーズは宮部みゆき。
原作既読。

南町奉行所同心の本所深川見廻り方・井筒平四郎は
深川北町の鉄瓶長屋の煮売り屋・お徳の店に立ち寄るのが日課。
ある夜、足音に目を覚ましたお徳は富平の家に行くと
出てきたのは差配人の久兵衛。
長患いの富平に何かあったのではと駆け付けたお徳が見たのは
富平の娘・お露が泣き崩れる姿。
しかし久兵衛が言うには死んだのはお露の兄・太助、
それも殺し屋に殺されたのだと。

翌朝、平四郎がお露から話を聞くと、
物音に目覚めたところ、昔・料亭"勝元"の奉公人だった正次郎が
「次は久兵衛」と言い残し去って行ったという。
"勝元"は鉄瓶長屋の大家・湊屋が経営し、久兵衛が番頭を務めていた料亭。
一昨年、久兵衛の告げ口で店を辞めさせられたと正次郎が騒ぎを起こし、
真っ先に止めに入ったのが太助だった。
正次郎は酒に酔っていたので事は大きくならなかったのだが、
平四郎は妙なものを感じる。


岸谷五朗は確かに○○顔だけれど(汗)、
でも井筒平四郎は私の中ではもう少し大柄なイメージ。
何せ映像化されるとは思っていなかったので正直キャスティングがピンと来ない。
奥貫薫然り、志賀廣太郎然り・・・。
松坂慶子演じるお徳はずいぶん可愛らしい感じだし。
ただ早々に弓之助が登場したりと設定は変えられている上、
原作を知っているとえ~~~というパターンが多い中で、
それなのに雰囲気が原作そのまま!
何より岸部一徳が加吉役なのが驚き!!

お徳以外の長屋の住人は今はその他大勢状態。
全十話ということで・・・これからです、これから。
拙レビューです(本館にリンクします)⇒『ぼんくら』
ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 2014年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ぼんくら 宮部みゆき 岸谷五朗 松坂慶子 奥貫薫 志賀廣太郎

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。