「江~姫たちの戦国」第三十四話

ガラシャの決意。
そして関が原。
第三十四話『姫の十字架』ネタバレです。
その時歴史が動いた〈13〉その時歴史が動いた〈13〉
「細川ガラシャの悲劇」ら5編収録

NHK取材班
KTC中央出版
by G-Tools



1600(慶長5)年。
1月25日江戸城に細川忠興とガラシャの三男がやってくる。
『人質』の身を不憫に思う江だったが
家康と忠興が戦の話をしていたという、
ガラシャが認め持たせていた文に驚愕する。
大坂城西の丸に入り政治の実権を握った家康は
秀頼への反逆という名目で会津の上杉攻めを企てる。
佐和山城で謹慎させている三成への仕掛けであったが、
三成はそれを承知の上で家康を討つと淀に告げる。
徳川方として上杉攻めに向かった大名の妻子を
人質として大坂城に集めた三成は
細川忠興の屋敷を取り囲む。


サブタイトルに偽り多しの今大河ですが、
『姫の十字架』と銘打った割にはガラシャ(ミムラ)・・・あれだけ?
まあ、何といっても関が原ですからして、
敵味方に分かれた浅井三姉妹の姿が最優先なのでしょうけれど。
ぬぁーんか秀忠(向井理)が嫁(主役!)に
誑かされているように見えるのは何故かしら。
来週はやっぱり百姓になっていれば良かった・・・と
秀忠が思うか思わないか・・・の有名な話ですね。

「江~姫たちの戦国~」この他のエントリーです。
第一話第二話・第三話第四話第五話第六話第七話第八話・第九話第十話
第十一話第十二話第十三話第十四話第十五話第十六話第十七話第十八話
第十九話第二十話第二十一話第二十二話~第二十七話第二十八話
第二十九話~第三十三話
江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国の女 〜江・姫の十字架〜

関ヶ原の戦いに向け、一触即発の雰囲気がある中。徳川家に細川忠隆が人質として送られ、江は歓迎する。実際にはこのような史実はないが・・・。関ヶ原では父・忠興と共に東軍として加勢するが、妻・千...

江 -姫たちの戦国- 第34回「姫の十字架」

今回ははじめから細川ガラシャフラグが立ちまくっていて、結果的にキリシタンの教え通りに自害をせずに散っていく姿を中心に物語が構成されています。その中に江が政治のことを気にしたり、秀忠の思いの部分だったりするところがちりばめられているのですが、ここでなぜ多くの時間をガラシャに費やしたのかいまいち謎なところです。 主人公の江についてでいえば、秀忠が改めて江への思いを告白し、信長が好きだったこと、そしてその親族である江へは特別な思いを持っていたことを話している場面をもっと膨らませた方が、見る側に新しい発見を...

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34話...

三成の失脚

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆34ついに三成は動いた!その中で淀は孤独の苦悩を抱え、初はどちらに付くか?江は秀忠を励ました

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第34話はついに家康が実権を握った事で天下取りへ大きく動き出した。そんな中江は徳川と豊臣の争いになるのではと懸念していたのだった。そし ...

【江〜姫たちの戦国〜】第三十四回

江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦になるのではと不安に感じ、上杉討伐のため江戸に戻った家康に「豊臣との戦は避けてほしい」と懇願する。家康は「討つのは上杉」とと...

江〜姫たちの戦国〜第34話「姫の十字架」

人生で一番困難なこと---それは 息子を死なせずに一人前にさせる事----なるほど----深いわ---遂に天下取りに動きだした家康どうやら石田三成をはじめ家反対派を一掃するべく、わざと会津征伐を起...

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第34回

細川ガラシャ、死す・・・詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109040004/NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集posted with amazlet at 11.09.01アミューズソフトエンタテインメント (2011-1

【江】第34回と視聴率「姫の十字架」

【第34回の視聴率は、9/5(月)追加予定】今回、一番ウケたのは、江が戦が嫌だから、百姓になると言って、百姓姿の想像をしたシーン(笑)確かに、格好は秀忠と2人共、似合いました...

「江〜姫たちの戦国」第34話〜ゲゲゲの秀忠(向井理)に失礼発言する江(上野樹里)

『江〜姫たちの戦国』第34回「姫の十字架」サブタイトルで”江戸の鬼”とまで呼んだ大姥局(加賀まりこ)は、大した存在感を発揮せず、キャラが中途半端。キャラと言えば、良い人キャラだった家康(北大路欣也)は、すっかりダーク狸にキャラ替え。かわらないのは、江(上野樹里)とゲゲゲの秀忠(向井理)の「不思議ちゃん&不思議君」の夫婦くらいか・・・。−◆−江戸城に細川忠興(内倉憲二)とガラシャ(ミムラ)の子・光千代が送られてくる。光千代は自ら人質として来たと打ち明け、「カナダからの...

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34回...

すっかり毎度になってしまいました突っ込みを交えて手短に感想いきますあらすじは江 公式サイトから江戸城の江(上野樹里)は2人の娘と平穏な日々を送っていたが、上方では家康(北大...

江~姫たちの戦国~ 第34話「姫の十字架」

徳川家康(北大路欣也)と石田三成(萩原聖人)の間に不穏な動きが起こっていた。家康は「秀頼さま(武田勝斗)への反逆」という名目で会津の上杉氏討伐を淀(宮沢りえ)に告げる。これは、三成への誘い水だった。秀忠(向井理)にその話を聞いた江(上野樹里)は、家康に

大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.34姫の十字架

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道 HP江 公式HP江 公式HP(大津放送局版)第34回「姫の十字架」【あらすじ】江(上野樹里)は、2人の娘と平穏な日々を過ごしていたが

「江 ~姫たちの戦国~」 第34回、姫の十字架

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第34回、姫の十字架。昨日は時間がなくて見そびれたので1日遅れの更新。タイトルがいまいちピンとこない以外は、驚きの良回でした。

江〜姫たちの戦国〜 第34回 「姫の十字架」

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦にな...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -