「江~姫たちの戦国~」第二十話

月明かりの下で。
第二十話『茶々の恋』ネタバレです。
お江旅―大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の魅力をたずねて 浅井三姉妹姫たちゆかりの地への (CARTOP MOOK 歴史群像紀行シリーズ 4)お江旅―大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の魅力をたずねて 浅井三姉妹姫たちゆかりの地への (CARTOP MOOK 歴史群像紀行シリーズ 4)
交通タイムス社 2010-11-24
by G-Tools



今回、良かったですよ。

京極高次に嫁いだ初から毎日のように江に届く。
幸せを伝える手紙に呆れながらも江は
若い側室の傍にいた秀吉を平手打ちした後、
ひとり泣き崩れた茶々の様子が気掛かりだった。
江は龍子に相談すると茶々の悋気だと言われ反発する。
次に江は利休の元に行くが、
茶々秀吉への思いが芽生えたと指摘され、
江は茶室を去る。


聚楽第から戻った秀吉に呼ばれた茶々(宮沢りえ)が
秀吉(岸谷五朗)をまっすぐと見つめる視線の強さ。
その秀吉が決めた茶々と公家の名門との縁談。
"お茶々様には幸せになって頂きたい。
両親を殺めたせめてもの償いとして。"

月夜の下で茶々が思い出す秀吉との時間。
貧しい生い立ちと老いの不安を茶々には隠さない秀吉。
父と母の仇・・・その秀吉への想いに揺れ苦しむ茶々。
その秀吉が現れ・・・。

そしてまた"秀吉の病気"、
本人は真剣そのもの、
でも主家筋の忘れ形見に恐れ多い・・・。
面食らっていた北政所(大竹しのぶ)が、
茶々もまた本気であることに気付き、不安を隠さない。

何度も宮沢りえが良いと書いていますが、
今回は岸谷五朗も大竹しのぶも素晴らしかったです。

ただ・・・主役が・・・ね。
元々相手の立場になってというキャラでない主役が、
茶々の秀吉平手打ち事件を言いふらすだけの役回り。
以前にも書きましたが、
今を大阪夏の陣の前くらいに設定して、
江(上野樹里)の回想としていたら良かったんじゃないかと。
私の知らないところで茶々と秀吉の心は通じ合っていた。
そしてその茶々・・・淀殿は今は敵方となって・・・で
いいんじゃないかと。

せっかくの恋物語が・・・もったいない。

「江~姫たちの戦国~」この他のエントリーです。
第一話第二話・第三話第四話第五話第六話第七話第八話・第九話第十話
第十一話第十二話第十三話第十四話第十五話第十六話第十七話第十八話
第十九話
スポンサーサイト

コメント

どうしても、物語の中心にいたいのね(~_~;)
過去に私が読んだどの小説でも、淀殿が秀吉の側室になった頃は、
姉妹はすでに嫁いでいて誰も淀殿の側にはいませんでしたが。。。
いさせたいんですよね、この作者は^^;
私的には今回のラブストーリーは、ちょっと見るに耐えられなかったです(~_~;)
そして、今度は主人公の恋バナよね~。。。
いつまで続くんだろ。。。

過去に私が読んだどの小説でも、淀殿が秀吉の側室になった頃は、
姉妹はすでに嫁いでいて誰も淀殿の側にはいませんでしたが。。。
江が羽柴秀勝へ嫁いだのは史実では1586(天正14)年とか、
1592年(文禄元)年とかなんですよね。
後者なら秀吉の側室になっている茶々の傍に末娘はいたことになります。
繰り返しますが私は今回、そんなに悪くはなかったと思います。
まあ、宮沢りえの力に依るところが大きいですし、
主人公はお休みさせた方が良かったとは思いますが
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.20茶々の恋

 【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道 HP江 公式HP江 公式HP(大津放送局版)第20回「茶々の恋」【あらすじ】江(上野樹里)のもとに、のろけばかりがつづられた初(水川あ

江〜姫たちの戦国〜 第二十回 茶々の恋

『茶々の恋』内容天下人となり、すべてを手に入れたハズの秀吉(岸谷五朗)だったが、その想いは茶々(宮沢りえ)には、届かなかった。そんななか、江(上野樹里)のもとには、結婚したばかりの姉・初(水川あさみ)からの手紙が、連日のように届けられ高次(斎藤...

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第20回

はいはい・・・やっとくっつきましたね詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105290004/江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)posted with amazlet at 11.05.26日本放送出版協会 (

江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」

茶々(宮沢りえ)のことが気掛かりだった江(上野樹里)は、龍子(鈴木砂羽)や千利休(石坂浩二)に相談に行くが、茶々の胸に秀吉(岸谷五朗)への思いが芽生えたと指摘され、江は面白くなく、その場を離れる。だが、最も茶々の気持ちに鈍感だったのは、秀吉だった。茶々

【江~姫たちの戦国~】第20回と視聴率『茶...

第20回の視聴率は、前回の17.3%より上がって、19.0%でした♪やはり江があまり出ない方が視聴率が上がりますね(笑) 遂に、茶々が秀吉に落ちましたね。今回は、茶々が秀吉に落ち...

「江 ~姫たちの戦国~」 第20回、茶々の恋

大河ドラマ?「江 ~姫たちの戦国~」。第20回、茶々の恋。まあ、タイトル通りの話か。

江〜姫たちの戦国〜 第20話 感想「茶々の恋」

江〜姫たちの戦国〜ですが、京極高次(斉藤工)に嫁いだ初(水川あさみ)の幸せ満載メールが大量に届きます。初はそれだけでも足りずに全世界に向けて自分の幸福を叫びます。他人の幸せほど腹の立つこともありませんが、江(上野樹里)もウンザリです。茶々(宮沢りえ)と豊臣秀吉(岸谷五朗)のことも気がかりで、京極龍子(鈴木砂羽)は若い側室への悋気だと指摘します。千利休(石坂浩二)も同じ考えですが、江が茶々に直接聞かないのは、江自身がそのことが分かっているからだと、また説教です。秀吉は女好きの側室コレクターにしては初心な..

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆20茶々秀吉の人心掌握術の前についに落城!江はその心境を理解できなかった

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第20話は茶々は側室とくつろいでいた秀吉にビンタを加えた事で江は何故?と疑問を抱いていた。そんな中秀吉は茶々と会うのが辛いと聚楽第へ引 ...

江~姫たちの戦国~ 第20回 「茶々の恋」

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装

【江〜姫たちの戦国〜】第二十回

天正15年秋。江(上野樹里)は、何より茶々(宮沢りえ)のことが気がかりだった。千利休(石坂浩二)たちに相談するが、茶々に秀吉(岸谷五朗)への思いが芽生えたと指摘され、江はおもしろくない。...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -