「JIN-仁- 完結編」第2話

帰る場所を失くした者たち。
将軍御台所毒殺の嫌疑。
第2話『未来との選択』ネタバレです。


エー、ちょっとお疲れ気味というか体調不良なもので
今週は「江~姫たちの戦国」第十五話レビューは休止、
「JIN-仁- 完結編」第2話もTBのみとさせて頂きます。

仁が脚気の療養食として考案した"安道名津"は
江戸の町で飛ぶように売れていた。
奥医師の松本良順からは皇女和宮への献上話が持ち掛けられる。
献上品として認められれば仁友堂の名も広がるのではないかと、
佐分利らは浮かれ喜ぶが、
仁は和宮を助けることで歴史を大きく変えてしまうのではないかと
恐れ悩む。
一方で福田は医学館の多紀に
"安道名津"の材料を教えるように迫られていた。
そんな中、長屋を追い出されて職を探している野風に出会った仁は、
仁友堂で働くことを勧め、咲は快く迎え入れる。
その咲は経営難の仁友堂をやりくりするために
仁には内緒で自分の簪や着物を質屋に持ち込んでいた。


ペニシリンの製造はヤマサにおんぶに抱っこ状態。
仁(大沢たかお)の医療道具は完全オーダー製ですし、
そりゃあ、お高くつくでしょうねぇ。
薩摩藩の謝礼の五百両(?)が無くなってしまうほどに。
それにしても咲(綾瀬はるか)って衣装持ちよねぇ。

で、皇女和宮(黒川智花)の脚気治療のために
西洋医学館の松本良順(奥田達士)は"安道名津"を献上・・・と。
これを機に南方仁を奥医師に推挙・・・とまで考えているそうで。
ただ"安道名津"の評判も和宮への献上話も
医学館の多紀(相島一之)の元へも届いていて、
"医学館版安道名津"を献上したいという目論見の元、
福田(佐藤二朗)に材料を教えるようにと詰め寄っている。

西洋医学館VS医学館。
西洋医学VS漢方・・・というよりは新旧の対立なのですが、
仁は否応なく巻き込まれていく。

で・・・和宮。
おとなしくてひっそりして・・・・・・意外や天真爛漫。
ちょっとあどけない感じもしますが、
毎週「江」で辟易しているせいかこの和宮は結構好きだったりします。
澤村田之助(吉沢悠)曰く"日本で一番さびしいお姫様"。
"公武合体"の切り札として政略結婚を強いられた悲劇の皇女は
もう二度と故郷の京に戻れない。
そして偶然再会した野風(中谷美紀)は長屋を追い出された身。
まだ市井には馴染み切れない野風には両親も故郷もない。
仁が献上話を受ける決心をしたのは
このふたりの境遇がある部分自分にダブるから。
そして野風に未来(中谷美紀二役)が重なるから。
・・・ただ咲がどんなに尽くしても自分の思いは伝わらない、
仁が野風を見つめる視線の奥に未来を見つめているのがわかる。
咲にとってはこんな残酷な話はないのですが、
一方で野風はふたりのやり取りを聞いてしまったらしく。
何故仁や咲が自分に親切なのかやっとわかったというようなことを
言っていた野風。

「一度目は表をあげてはいけません!」
・・・江戸時代のマナーなのですねぇ。
現代でも和室に招かれた時、座布団が用意されている場合でも
最初は座布団の横に座るしねぇ。
(もっとも公式サイトによるとただの町医者は
表(顔)をあげてはいけないのはもちろんのこと、
和宮のお顔を見ることも言葉を交わすことも
許されない身分なのだそうです)。
"笑顔でニッコリ"はマズイのねぇ(苦笑)。

ところで福田は毒(砒素)を入れられなかったのではないでしょうか。
映像の感じでは"安道名津"ではなく(毒見もしたそうですし)、
お茶に入っていたよう。
腸内洗浄(!)で和宮は助かったものの
お付きの御年寄(伊藤かずえ)の命によって仁と咲は牢屋行き。

医者は普通は送られないという大牢に放り込まれた仁。
"ツル"と呼ばれる牢屋で慣例化されていた賄賂を
要求してくる牢名主(宇梶剛士)。
でも当然仁には手持ちはない。

"ツル"の話を聞いて仁友堂を去った野風。
来週洋装になっていましたから多分・・・。

「JIN-仁- 完結編」この他のエントリーです。
第1話
「JIN-仁-」(前回シリーズ)のエントリーです。
第1話第2話第3話第4話第5話第6話~第10話第11話(最終話)
スポンサーサイト

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -