「江~姫たちの戦国~」第十二話

秀吉と茶々。
ふたりの心の戦。
第十二話『茶々の反乱』ネタバレです。


風邪らしくてノドが痛いので超簡単
・・・それでなくても簡単なのに(-。-;

1583(天正11)年の初夏。
茶々に目をつけた秀吉の仕業で
江たち三姉妹の部屋が華やかな着物で埋め尽くされ、
これまで姉妹が身に着けてきた母の思い出が詰まった着物は
処分されてしまう。
茶々と江は激怒し侍女の着物を着て秀吉に猛抗議する。
秀吉は江の背後に浮かび上がった信長の姿を見て平伏す。
秀吉は食事も豪勢なものを次々と用意するが、
茶々は着物も食事も受け付けない。
江も箸を置き、ひとり着物に袖を通し嬉々とする初も渋々従う。
粗末な着物を着て絶食し続け抗議を続ける姉妹。
茶々は秀吉に命じられるままに振る舞う三成にも
強烈な一言を投げ付ける。


・・・今回の大河は演出で困った時には
ゴースト信長(豊川悦司)にご登場願うのですね。
秀吉(岸谷五朗)は大体、『人たらし』と言われるくらいなんですよね?
気位は高くても所詮世間知らずの小娘たちを丸め込むのに
あんなに苦労するかしら・・・。
食欲・物欲と己の本能に忠実な初(水川あさみ)は
別格にしても(苦笑)。

宗易(石坂浩二)の言葉に菓子を口にした茶々(宮沢りえ)。
「美味しゅうございます・・・そして口惜しゅうございます。」
三姉妹の道標となっている宗易の存在と
秀吉に対抗するにはあまりに非力な茶々。
このふたりのシーンは切なく感じられました。
そして家康(北大路欣也)と次男・於義丸の関係もまた。
・・・兄の後ろから一本取る三男・竹千代は
卑怯なのか要領がいいのかどちらでしょ?

ところで三成(萩原聖人)も茶々に思いを寄せていくのねぇ。

次回は江(上野樹里)が最初の嫁入りをするまで。
で相手・佐治一成は・・・平岳大か・・・。

「江~姫たちの戦国~」この他のエントリーです。
第一話第二話・第三話第四話第五話第六話第七話第八話・第九話第十話
第十一話
スポンサーサイト

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -