「江~姫たちの戦国~」第五話

天正10(1582)年6月2日未明。
一万三千の軍勢が本能寺を包囲する。
第五話『本能寺の変』ネタバレです。


天正10年(1582年)5月。
信長と二度と会わないと決めたことを悔やむ江は
家康に招待され、京で信長と会うことになる。
一方、明智光秀は信長に領地を召し上げられ、
秀吉の配下で毛利攻めに加わるよう命じられる。
家康に付き従い堺で宗易とも再会した江が、
信長が京に到着するまで家康と過ごしている頃、
光秀は信長への謀反の狼煙を上げる。


・・・本能寺の変でございますからして極端な話、
信長(豊川悦司)と光秀(市村正親)さえいれば成立するのですが、
主人公・・・浅井の末娘・・・を絡めるとなると
当然ながら無理やり感が漂います。
それにしても随分と家康(北大路欣也)が出てきますねぇ。

「敵は本能寺にあり!」という市村さんの声に聞き惚れ、
トヨエツ・信長のカッコ良さに見とれていたのに、
何故一番いいシーンで江(上野樹里)が出てくるの?
別れを言いに来てくれたのか?って・・・何か変?

宗易(石坂浩二)が茶碗を持った時に、
もしかして割れたりして・・・と思ったら見事にヒビが入って、
笑ってしまって・・・完全に不真面目モード。

光秀側の追っ手から逃れるための家康との伊賀越え。
・・・冒頭の乗馬のシーンはこう生かされるのねぇ。

「江~姫たちの戦国~」この他のエントリーです。
第一話第二話・第三話第四話
スポンサーサイト

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30