「リーガルハイ」第10話(最終話)

彼女が隠し続けた真実。
醜さを愛せ。
第10話(最終話)『二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?』ネタバレです。
リーガルハイ 完全版(仮) DVD-BOXリーガルハイ 完全版(仮) DVD-BOX
堺雅人 新垣結衣
TCエンタテインメント
by G-Tools

安藤貴和の最高裁控訴審は地裁に差し戻されることに。
醍醐検事に勝利宣言する古美門は醍醐の言葉と、
黛が見せたメモによって安藤の面会者""吉永慶子"が、
羽生だと気付く。

古美門事務所に安藤から弁護人解任の手紙が届く。
驚いた黛が『NEXUS』に行くと事務所には磯貝しかおらず、
羽生と本田ジェーンは姿を消し、またふたりの写真も外されていた。
同じ頃、拘置所の安藤に海外クルーズから戻った三木と沢地、
(ひとり東京に残った)井手が面会していた。

差し戻し審の傍聴席に座った古美門と黛の前で、
検察側に立つ羽生と本田は無期懲役を求刑。
三木は情状酌量を訴える。
全ては羽生の筋書き通りの出来レースだった。
争いを譲り合いで丸く収めようとする羽生の策略だった。 
その夜、古美門と黛は磯貝を利用して『NEXUS』に羽生と本田を呼び出す。
古美門は怒りをぶつけ、黛は羽生のやり方に否を唱えるが
羽生は悠然と構えていた。  
それでも古美門は引き下がろうとはせず・・・。


安藤貴和(小雪)の死刑判決を求めていた民意が
羽生(岡田将生)によって変わっていく。
民意の不安定さ・・・いい加減さと言い換えてもいいのかしら?

怖いわぁ。

羽生のやり口に凄みを増していく古美門研介(堺雅人)と
真実を前にたじろぎながらも母娘を救う弁護人として
答えを見つける黛真知子(新垣結衣)。

原告・加賀蘭丸(田口淳之介)、被告・服部(里見浩太朗)。

「あの安藤貴和!?」

これぞ出来レース。

そんなわけの判らない裁判なんて・・・と嫌がる安藤、
・・・そりゃあ、そうだわ(笑)。

それにしても安藤貴和と徳永光一郎の娘・さつきの間に
まあ、天文学的な確率とは言えそこはフィクション(苦笑)。
・・・こんな関係があったとはねぇ。

第1シーズンの泣き虫裁判長再登場でやっぱり号泣しているし(苦笑)。

で差し戻し審。
安藤そっちのけで古美門と羽生がやりあっている(苦笑)。

世紀の悪女を世に放ってしまっていいのかしら?とは思うけれど。

本当に何が真実なんでしょうねぇ。

とりあえず漢字が苦手な帰国子女・Mr.Win-Win。
リムジンバスが発車して終わり・・・と思いきや・・・本命はそっち!?

本田もまた醍醐の元に戻り・・・って針の振れが大きい人だわ。

古美門憎しの三木(生瀬勝久)、
ふたりの争いに心躍らせる沢地(小池栄子)も復活し、
この分だと第3シリーズも余裕ですね。

心から心からお待ちしております。
次回は是非是非是非21時枠でお願いいたします。

「リーガルハイ」
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話
「リーガルハイ」公式BOOK  古美門研介 再会記 (カドカワムック 513)「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記 (カドカワムック 513)
角川マガジンズ

by G-Tools

フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」ミュージックコレクション (2013年放送)フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」ミュージックコレクション (2013年放送)
林ゆうき
ポニーキャニオン
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : リーガル・ハイ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : リーガルハイ 堺雅人 新垣結衣 田口淳之介 里見浩太朗 岡田将生 黒木華 小雪 松平健

コメント

No title

お久しぶりです~!
素晴らしい最終回でしたね(#^.^#)

羽生くんのご希望通りのWinwinで、黛くんのご希望通りに真実を追求し、
古美門先生のご希望通りに報酬が入った…という…。
けれども誰も勝った気はせず、同時にみんな勝った気になっているという…。
そして真実は藪の中という…。

古沢さん脚本の落としどころの素晴らしさを改めて楽しめた第2期でした^^

>世紀の悪女を世に放ってしまっていいのかしら?とは思うけれど。

本当、どうなんでしょうね^^;
真実はここではもういいか、と思ってしまえる所もリーハイの凄い所。

第3期、絶対に欲しいですね!楽しみです。

くうさんへ。

こちらこそご無沙汰でございま~すm(_ _)m

>羽生くんのご希望通りのWinwinで、黛くんのご希望通りに真実を追求し、
>古美門先生のご希望通りに報酬が入った…という…。
>けれども誰も勝った気はせず、同時にみんな勝った気になっているという…。
新しい真実を作り上げた黛の成長に目を見張り、
羽生の立ち直りの速さに呆気にとられ、
でも古美門先生は揺らぐことも無く・・・。

ただね、全回を見られなかった人間としては、
一話(二話)完結の方がすっきり見られたなぁと。
今シリーズはどうしてもテンポが悪かったように感じてしまって。
古沢さんも同じことを書いてばかりでは飽きるのでしょうけれど。

>第3期、絶対に欲しいですね!楽しみです。
やる気満々のエンディングでしたし。
でもどうせなら21時枠に戻して欲しいわぁ。

あけましておめでとうございます~

大雪注意報が出ていましたが、こちらは珍しく雪が少ない正月です。
地面が見えているなんて、ここ10年なかったんじゃないかな~?
正月休みに入って時間はあるはずなのに、海外ドラマを見たりして
冬ドラマに何があるのやら・・チェックもしていない有様・・( ̄▽ ̄;)
とりあえず「新参者」と「鍵のかかった部屋」のスペシャルかな~?
今年も、御一緒のドラマどれぐらいあるかわかりませんが
どうぞよろしくお願いいたします~<(_ _*)>

きこりさんへ。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

地面みえているんですか・・・ウラヤマシイ。
新年早々律儀に天気予報が当たり、
1日夜から2日とドカ雪に見舞われてしまいました。
(ちなみに1日・2日と勤務でした(-。-;)

>今年も、御一緒のドラマどれぐらいあるかわかりませんが
何せ私のレビューが極端に減っているもので^^;
ご一緒できるかどうかかなりアヤシイものですが、
その時は是非お付き合いくださいませ。
よろしくよろしくお願いいたします o(_ _)o
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リーガルハイ2 最終回

貴和(小雪)から弁護代理人を解雇された古美門(堺雅人)は、羽生(岡田将生)が貴和と関っていたことに気付きます。 真知子(新垣結衣)は羽生の事務所を訪ねますが、羽生とジェーン(黒木華)は姿を消していて、磯貝(古館寛治)しかいませんでした。 その頃、三木(生瀬勝久)や君江(小池栄子)たちが、拘置所の貴和に面会をしていました。 彼らは羽生に差し向けられて来たようです。 戻っ...

リーガルハイ #10 最終回

『二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?』

「リーガルハイ 2」第10話(終)★黛(ガッキー)はリニア実験線で時速505キロの試験走行!?

「リーガルハイ 2」第10話(最終話) 30分拡大でも苦痛を感じないのはたいしたもんです。 −◆− 安藤貴和(小雪)を羽生(岡田将生)が面会。 羽生「古美門先生はやはり最高の弁護士です。無罪にするかもしれない。でも あなたは無罪になるべきじゃない。過去に何人も殺してるでしょう。」 ”無罪になるべきじゃない”って部分が羽生の思考の中心ですね。 貴和「過去の事件は関係...

リーガルハイ(2)第10話(最終回)

『二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?」 内容 黛(新垣結衣)の捨て身の作戦で、 ついに醍醐検事(松平健)に一矢を報いた古美門(堺雅人) 貴和(小雪)の裁判が、地裁へと差し戻されることに。 古美門は、醍醐に勝利宣言をするの...

【リーガルハイ 2】最終回感想と視聴率(関西&関東)

「二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?」 関東の

「リーガルハイ 2」 第10話(最終話) 二転三転する最後の法廷!! 執念で救え依頼人!! 真実は悲劇か喜劇か!?

 う〜む・・いい最終回だったんじゃないですか〜?!ヽ(*´ェ`*)ノ 途中の消化不良(自分の中のね)や、羽生へのイライラもやもやをブッ飛ばしてくれるラストでした。 羽生の原動 ...

リーガルハイ2 最終回

「二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?』」って、細かい突っ込みどころは満載だったけれど、そこはドラマ。物語はパワフルに二転三転、シーズン1の面々も揃い、見所満載。サービス精神満点で、すごく面白かったです。このスピード感、コミカルさ、古美門キャラの突き抜けようといい、最高っ!いやぁ、シーズン1で、サオリちゃんの正体にも、あっと驚かされましたが、今度は「なに、そっ...

【リーガルハイ】(2期) 第10話 最終回 感想

いい顔になったじゃないか。 人間の世界へようこそ。 もし君が、皆が幸せになる世界を築きたいと本気で思うのなら方法は1つだ。 醜さを愛せ。 リーガルハイ 第10話(最終回)       ※毎度のことですが~長いです。 筋はいらね~という方は、ズズッと下の方の感想からお読みください…。 一応、あらすじの間にもツッコミ程度の感想が入っているけどね。 ...

変わらぬ話術

ドラマ「リーガルハイ」を見ました。 話題となった1作目からの第2弾! 今回も毎話の脚本の良さと、キャラの強さで見せますね さすがです。 基本 作りとしては前作と同じく、1話完結の裁判劇 とはいえ、今回からのキャラ 羽生が加わり そして今回のキーともなってい...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -