「警視庁捜査一課9係 season 8」第10話(最終話)

右手の傷と完成予想模型。
第10話(最終話)『殺人船長』ネタバレです。
シルエットオブジェ 猫船長 猫の置物シルエットオブジェ 猫船長 猫の置物
シルエット工場 川口喜久雄
by G-Tools

第10話(最終話)『殺人船長』
脚本:深沢正樹 監督:長谷川康
ゲスト:笹野高史 三倉茉奈 春木みさよ


加納は高校時代からの友人で日本海洋大学の山尾から
大学での講演を依頼された。
船舶で犯罪が発生した時には船長が捜査権を持つことから、
その対処法などがテーマだった。
村瀬は三島刑事部長から警務部異動を打診されていた。
刑事を辞めることに悩み返事を保留した村瀬に、
加納は日本海洋大学での講演を命じる。

村瀬の講演が終了した後の日本海洋大学の構内で、
学長の倉持の他殺体が見つかった。
二股の槍のようなものと思われる傷が胸に、
さらに右手の小指の付け根にも奇妙な形の傷が残っている。
倉持は午後3時に山尾、妻で理事の千恵子、山尾の助手の小高史織、
大手不動産会社・井元に学長室に集まるよう命じていた。
エンパイアー地所・井元に依ると、
倉持は大学を閉鎖し跡地に複合施設『海洋タウン計画』を作る計画があり、
反対派の山尾、千恵子、史織の三人を説得しようとしていたらしい。

死亡推定時刻は12時半から13時半と村瀬の講演中の犯行。
しはし遺体には争った痕跡がなく、早瀬川は違和感があると首を傾げる。

倉持は大学の創立者で前学長の小高と愛人との間の子であり、
小高史織は異母妹。
小高が海難事故で死亡した後、長男の倉持が学長に就任したものの、
大学経営には興味がない倉持は井元と『海洋タウン計画』を進めていたとか。
その計画に反対していたのが山尾、千恵子、史織だったが、
山尾は村瀬の講演を欠席。
また史織も15分ほど中座したところを村瀬が壇上から確認している。

山尾の机にディバイダーが無いことが気になる加納と浅輪は
史織に話を聞くが様子がおかしい彼女の手元から
血のついたディバイダーが転がり落ちる。
その場に現れた山尾は犯人は自分だと言い・・・。


警務部異動を打診され刑事を辞めることに悩む村瀬(津田寛治)に
いちいちツッコム小宮山(羽田美智子)に大笑い。
青柳(吹越満)と妙子(遠藤久美子)、
矢沢(田口浩正)と矢沢(畑野ひろ子)と福ちゃんと
何だか懐かしいような安心感。
事件自体も庇いもののスタンダードだし、
これで加納(渡瀬恒彦)のお料理シーンがあればある意味パーフェクト(?)

浅輪(井ノ原快彦)と倫子(中越典子)のルームシェアを聞いた加納が
ふたりに落ち着くようにと言ったりと・・・「season 9」では進展が・・・ある?

10月16日から「相棒 season 12」スタートです。

「警視庁捜査一課9係 season 8」
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話
スポンサーサイト

テーマ : 刑事ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 警視庁捜査一課9係season8 渡瀬恒彦 井ノ原快彦 羽田美智子 吹越満 田口浩正 津田寛治 笹野高史 三倉茉奈 春木みさよ

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -