「警視庁捜査一課9係 season 8」第5話

悪女の正体。
第5話『殺人生原稿』ネタバレです。
トップバリスタ10人のラテアート (旭屋出版MOOK)トップバリスタ10人のラテアート (旭屋出版MOOK)
旭屋出版
by G-Tools

第5話『殺人生原稿』
脚本:須藤泰司 監督:杉村六郎
ゲスト:あめくみちこ 菅原大吉 平山あや


佐久間加代の刺殺体が宿泊していた友人・鈴木奈美の自宅で見つかった。
背中から心臓を一突きされておりほぼ即死の状態の被害者は
右手で固定電話を抱え込むように倒れており、
伸びた左手の先には10月が開いた卓上カレンダーがあった。
佐久間は前日に青森から上京、銀狼社という出版社を訪ねた後、
誰かと都内ホテルの喫茶店で待ち合わせしていたことがわかる。
加納と浅輪は銀狼社の編集者・貴島に会い、
佐久間が亡き作家・柴田和彦の最後の愛人だったが、
佐久間の妻子はそれを認めず葬儀への出席も拒んだと聞く。
最近になって佐久間のもとから柴田の遺稿『夏色の女たち』が発見されたが、
自分がもらったものと主張する佐久間と認めない柴田の遺族と争いになり、
貴島が佐久間に200万円を支払い出版にこぎ着けたらしい。
おかげで小説は大ヒットとなったが、佐久間は貴島に金額の上乗せを要求、
貴島は新たに200万円支払ったと言う。
小宮山と村瀬は佐久間とホテルで会っていたのが柴田の娘・カンナと突き止める。
カンナによると父の作品のことで話があると呼び出されたが、
金の話だったためろくに会話もせずに別れたと言う。
青柳と矢沢が鈴木の元夫・赤木を容疑者として拘束、
赤木は部屋に行ったことは認めたものの、被害者は殺されていたと主張。
現場近くのコンビニの防犯カメラの映像から主張が認められるが、
そこでカンナの姿も確認され・・・。


電話を抱えては・・・ともかくとして瀕死の状態で
旧暦にまで頭が回るのか(苦笑)。
でもレトロニム・・・固定電話が鍵だったんですねぇ。

でも銀狼社の経営危機の話にすっかり元気になり、
以前のように仕事をしている矢沢早苗(畑野ひろ子)に絡める。
浅輪(井ノ原快彦)と石川倫子(中越典子)が
佐久間加代の娘・和代(野口真緒)を部屋に泊めると
小宮山(羽田美智子)に知らせることでふたりのルームシェアが
加納(渡瀬恒彦)以外の村瀬(津田寛治)、青柳(吹越満)、
矢沢(田口浩正)に伝わるなど・・・もう巧いなぁと。

喫茶店にイニシャルと伏線も効いていて、
個人的にはこの何年かでは一番の出来ではないかと思います。

「警視庁捜査一課9係 season 8」
第1話第2話第3話第4話
スポンサーサイト

テーマ : 刑事ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 警視庁捜査一課9係season8 渡瀬恒彦 井ノ原快彦 羽田美智子 吹越満 田口浩正 津田寛治 中越典子 畑野ひろ子 あめくみちこ

コメント

Secret

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30