「八重の桜」第七話

京都守護職。
言路洞開。
尊皇攘夷。
第七話『将軍の首』ネタバレです。
京都守護職手配―幕末の洛中洛外図京都守護職手配―幕末の洛中洛外図
伊達 笙
ミヤオビパブリッシング
by G-Tools

文久2年秋。
上洛を前に湯本村の温泉に行く兄・覚馬と川崎尚之助に従う八重は、
神保修理と雪に会った。
嫁いだばかりの雪は京には行かず会津に残るのだと言う。
会津や家族のことを川崎に託し、覚馬らは松平容保に追随して旅立ち、
家族は沿道に並んで行列を見送った。
京に上る藩士たちは一旦江戸藩邸に集められ、
容保はそこで檄を飛ばした。
そして翌日、千名の会津藩士たちは江戸を発ち、
攘夷を唱える不逞浪士たちによる天誅騒ぎが相次ぎ、
不穏な空気に覆われている都に京都守護職として入った。

文久3年1月。
容保は初めて宮中に参内し孝明天皇に拝謁した。
その容保の真っすぐな眼差しに心を捉えられたのか、
容保を気に入った孝明天皇は自らの御衣(おんぞ)を特別に授ける。
その上御簾がするすると上がったと思うと、
孝明天皇は主上は容保に向かって微笑まれ、お声を掛けられた。
前代未聞の計らいに容保は感激し涙ぐむ。
都をこれ以上血で汚すは恐れ多いと容保は
攘夷派の浪士の言い分にも耳を貸し説得する融和策を図るが・・・。


神保修理(斎藤工)登場。
悲劇に見舞われる会津の中で悲劇の人生を歩む修理ですが、
その過程がイマイチ良く判らないので・・・。

驚いたのは今週はかるた。
まさか木の札が、下の句かるたが出てくるとは。

松平容保(綾野剛)の孝明天皇(市川染五郎)との対面は
こちらまで感動するほど。
本当に真っ直ぐな、そして心の綺麗な人。
それ故の言路洞開。
それ故の怒り。

「強い力を持つ者は初めは讃えられ、次に恐れられ、
末は憎しみの的となる。」
川崎(長谷川博己)が口にした覚馬(西島秀俊)の危惧は、
現実となって会津にはね返ることになる。

「八重の桜」この他の回です。
第一話第二話第三話第四話第五話第六話
検索名句秀句―上の句、中の句、下の句、作者、季語 (小学館文庫)検索名句秀句―上の句、中の句、下の句、作者、季語
村石 利夫
小学館
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 八重の桜 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 綾野剛 西田敏行 斎藤工 市川染五郎

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『八重の桜』第7回「将軍の首」★綾野剛の顔に浮かぶ陰影が絶品

『八重の桜』第7回「将軍の首」 覚馬(西島秀俊)たちの上洛前に、藩士たちが家族とつかのまのバケーション。 覚馬、八重(綾瀬はるか)、三郎(工藤阿須加)、尚之助(長谷川博己)は、湯
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -