「猫弁~死体の身代金~」

霊柩車ジャック。
遺体の身代金は1540万。
「猫弁~死体の身代金~」ネタバレです。
猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)
大山 淳子
講談社
by G-Tools


TBS・講談社第3回ドラマ原作大賞受賞作だそうですが、
原作は未読です。
脚本も原作者・大山淳子の執筆。
4月23日TBS系月曜ゴールデンにて。

東大法学部を主席で卒業した弁護士・百瀬太朗は
以前担当した世田谷猫屋敷事件によってペット絡みの依頼が多く、
個人事務所のドアに「猫弁」のビラが貼られるほど。
事情があって施設育ちで結婚願望の強い百瀬は、
結婚相談所の凄腕職員・大福亜子の指導の元で見合いを繰り返すが、
現在30連敗中。
一方、大手靴メーカー・シンデレラ・シューズの会長の葬儀で、
喪主であり会長・大河内三千代の息子・大河内進の挨拶が終わったその時、
棺を載せた霊柩車が運転手を残して走り出した。
後日、百瀬は以前所属していたウェルカム・オフィスの弁護士からの依頼で、
シンデレラ・シューズを訪ねる。
身代金要求の電話もあったが、進らには警察に通報できない事情が・・・。


シンデレラ・シューズの社長・大河内進(岩松了)の妻が
"シルビーヌ・アイザッハ・シュシュ"ちゃんの飼い主。
田村(荒川良々)を背負った木村(石田明/NON STYLE)が会ったのが
ふたりがジャックした霊柩車のドライバー・類田(塩見三省)。
そして棺の中にいるはずの大河内三千代が
百瀬(吉岡秀隆)が以前出会った声をかけられ、
片方の靴だけを磨いてもらった靴磨きの老女(渡辺美佐子)。
挙句に過去に百瀬が手がけた世田谷猫屋敷事件の中学生は・・・。

いくら何でも人間関係が繋がり過ぎる~(苦笑)。

遺体欲しさにもしかして三千代を手にかける・・・かと思った木村が、
土下座で頼み込んだあたりから、
いつの間にか美千代がリーダーのようになり(苦笑)。
1500万円が借金で40万が当座の生活資金と
中途半端な身代金も内訳が決まっていてこのふたり意外と堅実。
その借金もいつの間にか美千代が調べてくれ、
そして解決してくれ・・・。

でこのドラマはタイトルどおりに猫がいっぱい。
百瀬事務所の猫たちは猫ですからして当然、
事務所のあっちこっちで気侭に勝手にしているんですが、
この風景は猫好きには垂涎の的。
百瀬が自販機で保護した"テヌー"も・・・サビ猫って言うんですってね。
茶・黒の2色の毛が入り混じったべっ甲柄の猫。
もっともテレビで見る限りはただただややこしい色の仔だったけれど。
・・・うちの黒猫にもこんな小さい時代があったはずなのにねぇ。
そして百瀬が大手事務所を辞めるきっかけの世田谷猫屋敷事件は
・・・猫何匹でしたっけ?
猫たちをもっとじっくり見せて欲しかったわぁ。

百瀬が手放さない黒い丸眼鏡。
7歳の自分を捨てた母の言葉。
これを聞かされた『ナイス結婚相談所』の大福亜子(杏)の
はっとした・・・決して同情ではない表情。

警察に知らせたら霊柩車を爆破すると脅され、
母を火葬してくれる(=手間が省ける)などと言っていた進が、
ベッドに眠る母を見て木村に殴りかかったり。
登場人物に根っからの悪人はいないんですね。
滅茶苦茶我侭で自分勝手な言い草のチンチラゴールデンの飼い主も
"シルビーヌ・アイザッハ・シュシュ"ちゃんが耳が聞こえないと教えられてから、
"シルビーヌ(以下省略)"への接し方が変わった。
他の猫の飼い主に話を聞いてみたいとまで言うようになった彼女は
まるで"シルビーヌ(以下省略)"の母親のよう。
未読なので原作はわかりませんが、
このドラマはミステリーの形を取っていても母親がテーマなのだと思います。
母を失った百瀬と天涯孤独の木村と田村。
大河内母子、百瀬事務所の事務員<猫たちの世話係・仁科(キムラ緑子)、
そのラストの仁科の悲しい体験は・・・相手側でもいい、
(百瀬)先生のような弁護士だったら
という彼女の言葉は
印象的でした。

大河内母子は新しい生活を始めた。
木村と田村も新しい道を見つけた。
そして百瀬も"テヌー"も・・・大福も。

原作のタイトルにあるような天才には見えませんでしたが、
優しすぎて気弱で情けない百瀬は吉岡秀隆はハマリ役。
出番は少なかったですが大福の同僚役の柳原可奈子や
大家さん(伊東四朗)がアクセントになっていました。
渡辺美佐子は流石さすがの存在感。
甲斐よしひろ(久しぶりにお名前を聞きました)が監修した音楽も
素敵でした。
原作は続編の発刊が決まっているそうなので、
このドラマも第2弾があるかもしれません。

それにしても"万事休すのときは上を見る。"
でも前頭葉と頭蓋骨の間に隙間を作る・・・出来るものなのかしら、
見上げたくらいで・・・ねぇ?
卒業 [DVD]卒業 [DVD]
ダスティン・ホフマン キャサリン・ロス
ジェネオン・ユニバーサル
by G-Tools

卒業-オリジナル・サウンドトラック卒業-オリジナル・サウンドトラック
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct
by G-Tools

キネマ旬報 2012年 2/1号 [雑誌]キネマ旬報 2012年 2/1号 [雑誌]
キネマ旬社
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : TBS
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 猫弁~死体の身代金~ 吉岡秀隆 渡辺美佐子 岩松了 サビ猫 チンチラゴールデン

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月曜ゴールデン『猫弁~死体の身代金~』

TBS・講談社ドラマ原作大賞受賞作 猫弁~死体の身代金~「ミステリーのニューヒーローはペット専門?の心優しき弁護士」内容大手靴メーカー“シンデレラシューズ”会長大河内三...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -