「ストロベリーナイト」第6話

閉められた雨戸と残された指紋。
薬害。
後悔と強さ。
第6話『感染遊戯』ネタバレです。
感染遊戯感染遊戯
誉田哲也
光文社
by G-Tools


いきなりですが今週は期待薄。
何せ脚本が「救命病棟24時 第4シリーズ」の"青椒肉絲"の人ですから。

男性が自宅玄関先で刺殺される事件がおこり、
捜査一課殺人犯捜査十係が臨場する。
被害者・長塚淳はスーツにサンダル履きだったことから
帰宅してすぐ犯人に呼び出されメッタ刺しされたようだ。
遺体から目を背ける葉山をいぶかる菊田だが、
葉山は事件解決に向けての意気込みを口にする。
姫川は葉山の警察学校の同期である所轄・成城南署の高野真弓と、
遺体を発見した被害者の父・利一に話を聞くが心当たりはないという。
また週に何度か来る家政婦に依ると、
昨夜は雨戸を閉め玄関の灯りをつけた状態で帰宅したという。
淳は東大卒のエリートで濱中薬品勤務。
会社での評判は良く仕事上のトラブルは見当たらないが、
大学時代から交際している恋人との間に別れ話が出ていたようだという。
一方、被害者の着衣のボタンから男性と思われる指紋が検出される。
なぜインターホンには指紋がなかったのか姫川は疑問を抱く。


中学生の時、自分の家庭教師をしていた女子大生が
通り魔に刺された。
警察に話したら自分が殺されるのではないかと思い、
目撃したことを話せなかった。
進路を変更して高校卒で警察官になった。
強くなりたいから。

病気になった恋人の告白を聞いた彼はその言葉が信じられず彼女の元を去り、
彼女は自ら命を絶ってしまった。
その後、彼は恋人が非加熱製剤による薬害の被害者だったと知った。
ある日、彼は非加熱製剤の危険性を知りながら回収命令を出さず、
裁判でも無罪になった旧厚生省の薬害課長の顔と住所を
官僚の個人情報が書き込まれたHPで知った。

失われた命、後悔しても後悔しきれない想い。
大友麻理の恋人・矢部眞人(矢柴俊博)は、
長塚利一(佐々木勝彦)が在宅していると思い、
帰宅してきた長塚淳に呼び出しを頼み、家を出てきた彼を刺す。
利一ではないと気づいても矢部は刺し続ける。
そして再度利一を狙う。

刺殺事件を解決することで強くなりたいという思いが、
空回りする葉山(小出恵介)。
目の前で利一が襲われた時、
矢部を取り押さえようとした所轄の刑事が、
次に姫川(竹内結子)が刺されても、
矢部のナイフが転んだ高野(加藤あい)に向けられても、
・・・葉山の足は動かない。

気の毒なのは巻き添えになった淳(窪寺昭)でしょうねぇ。
旧厚生省の薬害課長時代に薬害問題が発生、
危険を知りながら回収命令を出さなかった張本人の父は、
しかし裁判では知らないと通し無罪になった。
その後も 旧厚生省、厚労省を渡り歩き、
今は三か所目の天下り先の特殊法人・労災施設事業団の理事。
・・・淳がやたらに評判が良いのはこの父親を反面教師にしているからかも。
そして矢部の思いも判らなくはないけれど、
でも今までの姫川なら怒鳴りつけるところ。
当時の報道や間違った情報・・・恋人の言葉を信じられなかったのは、
仕方ない面もあるかもしれない。
でも今回の一件は矢部の責任転嫁であり自己満足。

ネット上での"感染"はやけにあっさりと終わったけれど、
それにしても「苺夜」の西島秀俊はカッコいい。
ただ今回の事件に葉山の過去にとちょっと中途半端な印象の回でした。
もっとも二話仕立てにすると変に間延びするんでしょうし。
高野・・・はいなくても良かったわねぇ。

「ストロベリーナイト」この他の回です。
第1話第2話第3話第4話第5話
ミセナイナミダハ、きっといつかミセナイナミダハ、きっといつか
GReeeeN
NAYUTAWAVE RECORDS
by G-Tools

フジテレビ系火9ドラマ「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラックフジテレビ系火9ドラマ「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック
林ゆうき
ポニーキャニオン
by G-Tools

ツバキ シャンプー550mlツバキ シャンプー550ml
資生堂
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : ストロベリーナイト
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ストロベリーナイト 感染遊戯 竹内結子 西島秀俊 小出恵介 矢柴俊博

コメント

No title

私も高野はいなくてもいいような・・・気がしました^^;
加藤あいちゃん、嫌いじゃないけど刑事が合わな過ぎる…
現在は「聖なる怪物」のイメージばかり強くて~。

本筋ストーリーと葉山のトラウマを絡める…
私はなかなか成功していたように思います。
葉山の話もいつまで引っ張るんだよ、と思っていたし。
位置的にもちょうど良かったかな。
これからは反抗心は捨てて、姫のために働いていただかなくてはー。

くうさんへ。

葉山の過去が明らかになったのは良かったんですが、
肝心の現在の事件の描写が呆気なかったように思います。
別れ話が出ていた恋人の話を省いても支障ないですよね・・・。

No title

高野は不要という論がけっこう多いですよね(笑)
確かに存在が薄かったですけど、葉山の昔を知る存在として、また姫川と菊田の関係を強調するために必要だったのかなと?
(原作では高野は姫川より年上で功名心の強い人物として描かれてますが)
終りの方の菊田に支えられて歩くシーンなどは「口説かれていた高野」に対抗するために見せつけたような気もします(少なくとも視聴者にそう思わせるような演出)

今回は魅力的な姫川とかっこいい菊田、トラウマに立ち向かう葉山を中心に描いて、事件はなるべく単純にした、、、そんな感じでしょうか?

ideaさんへ。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

>葉山の昔を知る存在として、また姫川と菊田の関係を強調するために必要だったのかなと?
原作は未読ですので高野のオリジナルの人物像は存じませんが、
長塚淳の殺人という肝心の事件が薄っぺらでは本末転倒ですね。
今回はこのドラマ得意の二話仕立て(苦笑)ではありませんので、
姫川と菊田の関係、葉山の過去と盛り込み過ぎたのではないでしょうか。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストロベリーナイト(6)

第六話「感染遊戯」

ストロベリーナイト #06

『感染遊戯』

「ストロベリーナイト」 第六話 感染遊戯

 『感染遊戯』・・・・・・ 自分は手を汚さず、人の怒りや恐怖を煽り、殺人実行に導き、満足感を得る。 その歪んだ欲望はウィルスのように感染し、広がっていく。  さて、今 ...

ストロベリーナイト 第6話 感染遊戯

『感染遊戯』 内容 菊田(西島秀俊)が、葉山(小出恵介)に呼び出され一緒に酒を飲んでいた。 相談したいことがあると言う葉山。 「強いって言うのは、どういうことなんですかね」 ...

ドラマ「ストロベリーナイト」 第6話 あ...

色んな意味での感染ね。今回も若干救いのないお話で・・・。ただ、タイトルの意味が分かったような分からなかったような・・・。ネット感染、ウイルス感染。今回は、ようやく判明し...

【ストロベリーナイト】第6話

「感染遊戯」 憎しみは感染する。 感染源はネット、噂、情報… 「ストロベリーナイト」第6話           大雨の夜、民家の玄関先で刺殺事件が起きた。 マル...

ストロベリーナイト (第6話 2/14) 感想

1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第6話『感染遊戯』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 「1話完結」ってだけで、細かいことは目をつ...

ストロベリーナイト「感染遊戯」

憎しみは感染し、増幅します。メディアを伝わり、場合によっては忘れた頃に… しかも、情報を提供した側は、ほとんど遊び感覚… この意味することろは深いですよね。今回は、それ...

ストロベリーナイト 第6話:感染遊戯

菊田しゅてき.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ バーでグラスを傾ける菊田ノリの相談相手になる菊田 いつものように姫のナイト役をする菊田 ノリにパンチをくらわし喝を入れた後のフォ...

『ストロベリーナイト』 第6話「感染遊戯」

葉山(小出恵介)のトラウマ、玲子(竹内結子)と菊田(西島秀俊)の関係などが主題。ただ、これで終わり?という印象も残った。 ★玲子と菊田はある意味、いちゃいちゃしていた ・...

「ストロベリーナイト」第6話

菊田成分チャージ完了!ある刺殺事件から、葉山のトラウマが浮き彫りになり、人に感染して行く悪意が剥き出しになる。玲子の冴え渡る推理で、犯人を止めることはできるのか?!
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -