スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くろねこルーシー」第6話

黒猫占いと傘。
父の話。
第6話 『先人は言う。猫が顔を洗うとなんたら……』ネタバレです。
くろねこルーシー(上) (竹書房文庫)くろねこルーシー(上) (竹書房文庫)
各務慎一 永森裕二
竹書房
by G-Tools


<休みの日は豪雪の後始末。
この冬の恒例と化してしまいました。゚゚(」。≧□≦)」<バカヤローォゥォゥ!!
そのせいかどうか最近ない予想外の長文レビュー。

ルーとシーを連れてハローワークに行った陽は、
ハローワークを出たところで『黒猫占い』と書かれた看板と
道の脇に座っている占い師・佐藤純導を見つける。
陽を呼び止め名前を書かせた純導は、
7年前に父と死別していること、
父子の関係が上手くいっていなかったこと、
父が占い師だったことなどを次々に当てていく。
話を聞きたがる陽に純導はチラシを渡し、
"水曜日と金曜日はそこにいる"と言い残しそそくさと立ち去ってしまう。
部屋を引き払うために美紀と片づけをする陽に、
美紀は小学生の頃、一度陽の父に占ってもらったことがある、
先代のルーとシーにも会ったことがあると告白する。
その後、母・幸子に父以外の黒猫占い師に出会ったことを話し、
もらったチラシに写った純導の写真を見せると、
父に破門された元弟子だと聞かされる。


・・・私ははじめましてm(_^..^_)mですが、
ルーとシーの名付け親・佐藤純導(小宮孝泰)再登場。
万国旗占い(苦笑)で名前を付けたのは10日前だそうで。

"猫たちも共鳴してる"・・・かどうかはともかく、
この猫は手足や胸が白い・・・看板に偽りあり。
黒猫じゃないじゃない(=^‥^=)

"30分5000円⇒2000円"と何故か60%OFF料金で
陽(山本耕史)を強引に呼び止め占い始める純導。

7年前に父が亡くなったこと。
お父さんを嫌っていたこと。
それについてお父さんが悩んでいたこと。

"猫のお告げです"

お父さんは同業・・・占い師。
さっきからずっと後ろにいらっしゃいます。

今日のラッキーアイテムのビニール傘を渡し、
"水曜日と金曜日はいつもここにいますから"と
純導はそそくさと立ち去っていく。

急な雨に上着の懐に猫を抱えた陽。
実家に引っ越すために部屋の片づけを手伝う美紀(京野ことみ)は
ルーとシーにも平気。
環境が変わると猫アレルギーにも変化があるらしい。
・・・良い方に変わると良いわよねぇ。
私のアレルギーは悪化する一方(;o; )( ;o;)

小学生の時に陽の父に占ってもらったことがある、
先代のルーとシーにも会ったことがあると。
美紀にはガンバレと励まされたことは良い思い出になっているらしい。

日を改めまして(って翌日?)、
獣医の白藤(遼河はるひ)に猫たちが健康に育っていると聞き、
またルーとシーが陽の言葉に反応していると言われ、
陽は満更でもない。

そしてまたまた不採用通知を受け取った陽は思い出して、
母・幸子(鷲尾真知子)に尋ねてみる。

何故か原稿用紙に向かっていた幸子さん。
書き損じを丸めてまたルーとシーがじゃれて・・・は先週。

父の元弟子だった純導の破門の理由を聞いて
"判る気がする"と納得してしまう陽(苦笑)。
・・・となるとルーとシーの名前は占いではなく、
懐かしさというか一種の閃きですねぇ(苦笑)。

『黒猫占い』驚きの特許取得

取れちゃったのよぉ・・・って商標登録でなく?
『黒猫占い』を名乗れるのは相続権のある息子の陽だけだと、
何故か幸子さんは嬉しそう。

陽は純導に傘を返すためにルーとシーを連れて、
チラシの占いの館がある年季の入った雑居ビルへ。
エレベーターは壊れているそうで、
占いの館の隣は占いスクールだそうで。
ちょっと偉そうな怖そうな女性(渡辺真起子)曰く、
純導は一週間前に辞めているそうな。

雑居ビルを出て向かいのシャッターの閉まった建物を見て、
記憶が蘇る陽。
ルーとシーが顔を洗っているからと、
レインコートと傘とレインコートを持ってくる父(塚地武雅)に、
無理やり黄色の長靴に履き替えさせられたリトル陽。
ところが帰りは見事に雨 ::::( -_-)T::::
完全装備の陽が気づくと傘が壊れて雨宿りする父が
上着の懐に先代のルーとシーを抱きかかえている。


そこに若き日の純導がリトル陽に傘を渡してくれる。
お父さんに持って行ってあげなよと。

"二代目"と呼ばれ陽が我に返ると純導が。
陽の名前を見てすぐに気付いたらしい。
・・・陽の後ろに元師匠が後ろに見えるのも道理(苦笑)。
不器用だけど温もりがあったという父に陽は似ているらしい。
占いは面白いかという問いにお父さんに聞かせたかったと笑う純導。
陽は占い師になるらしい。
でも陽との仲が上手くいっていないから、
何も教えられない、伝えられない。

「人のこと、真剣に考えるのはシンドイけど面白いよ。」
そう言って純導は去っていく。

家に帰ると幸子さんがダンボールやら何やらの下敷き状態。
危険を冒しての母の探し物は父が遺した陽名義の通帳と
『黒猫占い』特許の証明書
アンタの好きにしていいからと言われた陽は
占いスクールに体験入学してみることに。
『黒猫占い』いつの間にやら一子相伝(苦笑)。
未婚で身重の美紀の心中も複雑。
お守りは・・・きっとどちらも安産祈願。

底が抜けたダンボールを逆さまにしたところで、
ガムテープで止めないと当然底は抜けます・・・陽も懲りないわねぇ。
でも父を嫌っていた陽が父のことを知りたいと思い始めた。
清原(川上麻衣子)さん家のシゲちゃんは見つかったかしら。

「あなたともっと話がしたかった。」

「くろねこルーシー」この他の回です。
第1話第2話第3話第4話第4話
くろねこルーシー(下) (竹書房文庫)くろねこルーシー(下) (竹書房文庫)
十月 サクヒ 永森 裕二
竹書房
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : くろねこルーシー 山本耕史 京野ことみ 鷲尾真知子 小宮孝泰

コメント

No title

結局、父さんを継いで黒猫占い師になっちゃうお話なのかなぁ…
どうも、山本副長と占い師のイメージが繋がらない^^;
しかし、「陽は占い師になる…」のは父の予言みたいだし。

仕事が上手く決まらないのも、美紀と結婚するのも、全て運命で…
陽を占い師にするための導きなのかなぁ。

ところで、今だに解ってないのですが、黒猫占いって猫の言葉を聞く占いなのかな…

こんばんは。

黒猫占いに特許があるのに笑ってしまいました。
これも父が陽のためにしたのかもしれませんね。

そして、あの予言…
陽は占学教室に通うようですが、
本当に占い師になるつもりなのでしょうか?
あんなに懐疑的だったのに…。

父との思い出を回想しつつ…
父と触れることにより、何かを掴んでいくのかもしれません。

くうさんへ。

>仕事が上手く決まらないのも、美紀と結婚するのも、全て運命で…
>陽を占い師にするための導きなのかなぁ。
陽が父を理解していくうちに自然と占い師への道に・・・ということなのではないでしょうか。
でも猫が顔を洗ったから雨・・・は占いではなく迷信なのだけれど(=^・・^=)

ところで、今だに解ってないのですが、黒猫占いって猫の言葉を聞く占いなのかな…
純導の占いはアヤシ過ぎてよく判りませんでした、黒猫じゃなかったし。
一子相伝の『黒猫占い』・・・是非占って頂きたい≦(∩ェ∩)≧

BROOKさんへ。

冗談かと思ったら特許の証明書が出てきて笑ってしまいました。

>本当に占い師になるつもりなのでしょうか?
占いを否定していたのも元は父への感情からだと思うので、
"占いは面白い?"発言が飛び出すくらい、
陽の父への気持ちが変わってきているのでしょうね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【くろねこルーシー】第6話

いつぞやの街角占い師と再会する陽くん。 父は、陽くんの事でいつも悩んでいた。 父と話をしなかった自分を悔やむ… 「くろねこルーシー」第6話。 「先人は言う。猫が顔を

「くろねこルーシー」第6話

 第六話「先人は言う。猫が顔を洗うとなんたら…」ルーとシーを育て始めてから、父も黒猫も大嫌いだったはずの陽の気持ちに変化が表れ始めていた。ある日、陽はハローワークを出る...

くろねこルーシー Vol.6 「先人は言う。猫が顔を洗うとなんたら・・・」

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ&amp;nbsp;&amp;nbsp;   ルーとシーに名前を付けようとした占い師にハローワークの &amp;nbsp;  側出会うとは、運が悪いですね。でも只で傘を貰ったら &amp...
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。