「ストロベリーナイト」第4話

三人の変死者の共通点。
第4話『過ぎた正義①』ネタバレです。
シンメトリー (光文社文庫)シンメトリー (光文社文庫)
誉田 哲也
光文社
by G-Tools


これも二話仕立てなんですね。
でも今回の緊張感が半端ない。

葉山則之が姫川班に移動になった三ヶ月前、
姫川は監察医の國奥から一通の手紙とファイルを受け取る。
5年前の女子高生監禁殺害事件で心神喪失で無罪となった吾妻が交通事故で、
6年前の女子児童暴行殺人で少年法が適用され2年で出所した大場が薬物中毒で、
それぞれ変死していることに國奥は事件性を疑っていた。
直後アパートでの老人の殺人事件があり、犯人が少年たちだったことから、
姫川はファイルが気になりだし改めてふたりを調べ始める。
吾妻は図書館で精神疾患の資料を読み漁り、
心神喪失を偽装していた疑いが濃くなり、
また大場は出所後再び少女を襲おうとしていた。
軽い処罰の彼らに"天罰"を与えた人間がいると睨んだ姫川は
同じように軽い刑罰で出所している人間をリストアップ、
少年法に拠り2年で出所した安井が浮かび上がるが、
安井は自宅マンションから転落死を遂げた。
三人の共通点を探った姫川班は、
全ての事件に倉田という警察官が関わっていることに気づく。
だが倉田のデータはロックされており閲覧できない状態。
姫川は倉田と捜査したことがあるガンテツ・勝俣に
倉田のことを尋ねるが・・・。


殺人犯の処罰に対しての倉田(杉本哲太)の私論、
罪を償わない、不当な量刑の犯罪者に対しては
その命をもって・・・はかなり物騒ですが、
こういう人が警察にいたというのもまた物騒。
その倉田にとっては息子・英樹(石黒英雄)の殺人は
最大の誤算だったでしょう。
そして被害者の父によって妻が殺されてしまったことも。
加害者家族であり被害者遺族になった倉田。
我が子にも命で罪を償わせなければならない、
でも顔を見れば決心が鈍る、
だからこそ軽い刑罰の若者たちを手にかけた、
出所してきた英樹を殺めるために・・・こういうことでしょうか。
倉田には英樹が更生しようが仕舞いが関係ないということですね。
もっとも少年法はともかくとして、
精神疾患を装って罪の軽減を図るなんて輩が出てくるなんて発想は
刑法には端から無かったわけですが。

高校からエスカレーターで進学できるはずが、
警察官になった葉山(小出恵介)。
彼の目の前で起こった事件の犯人も未成年だったのかしら。

三ヵ月後、少年院の塀の外側で倉田と対峙する姫川(竹内結子)。
凄い緊張感のまま次回へ・・・待ち遠しいです。

「ストロベリーナイト」この他の回です。
第1話第2話第3話
スポンサーサイト

テーマ : ストロベリーナイト
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ストロベリーナイト 竹内結子 小出恵介 杉本哲太 シンメトリー 過ぎた正義

コメント

こんにちは。

人殺しは原則死刑…

被害者遺族からしてみれば、そう考えざるを得ない…
ただ、倉田の場合は息子が殺人事件を起こしてしまい、
次回の解決編で、どう決着がつくのか気になるところです。

落としどころも気になりますね。

BROOKさんへ。

色々な事情で罪が軽減されることはあるとは思いますが、
未成年を理由に軽減されたのに一向に反省していない。
精神疾患を装い罪を免れる・・・。
これでは被害者や被害者家族はやりきれないのではないでしょうか。

>次回の解決編で、どう決着がつくのか気になるところです。
>落としどころも気になりますね。
この緊張感を保ちながらどう展開していくのでしょうね。
次回を期待したいですね。

No title

倉田の私論は物騒ですが、反省しない未成年や、ホントか嘘か解らない精神判定無罪には
本当に死んで償ってほしい、と私も思ってしまいますわ。

聞いた話では原作はここまでなのだそうで、後編は完全オリジナルなのかしら(?_?)
どう持っていくのか、姫川が倉田をどう諭すのか、見てみたいですね。

2話完結で犯人が解っていても次回が気になるこのドラマ、来週が楽しみです^^

くうさんへ。

倉田の私論は過激そのものですし、
こういう人が公職についているのも問題だとは思います。
ただ
>反省しない未成年や、ホントか嘘か解らない精神判定無罪
被害者やその家族は本当に救われないですよね。

>聞いた話では原作はここまでなのだそうで、後編は完全オリジナルなのかしら(?_?)
姫川と倉田の対決と緊張感。
次回を期待しています。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストロベリーナイト 第4話 過ぎた正義

『過ぎた正義』 内容 在庁勤務時に、玲子(竹内結子)は 倉田英樹と面会するため少年刑務所を度々訪れていた。 しかし、断られ続けていた。 そんなある日のこと、英樹の父・修二(杉...

ストロベリーナイト #04

『過ぎた正義』

ストロベリーナイト 第4話 感想「過ぎた正義」

ストロベリーナイトですが、殺伐と聳える刑務所の塀の前で姫川玲子(竹内結子)は元刑事の倉田(杉本哲太)と対峙します。巷では、重罪なのに心神喪失や少年法で軽い刑で出所した者...

ストロベリーナイト「過ぎた正義」

またまた、続きパターン、なのですね。 未成年による、再犯性のある凶悪事件… 未成年であるがゆえ、法に守られ、ごく僅かで出てくる理不尽さ。「ならば、私が(天誅!)」なキ

ストロベリーナイト 第4話:過ぎた正義

本当に倉田の犯行?( ̄~ ̄;) う〜ん そしてその過ぎた正義感ゆえ、殺人を犯した自分の息子までも殺そうとしてるらしい 前回の事件も最初は勇み足で、犯人では無い人物に任同かけて

「ストロベリーナイト」第4話

天罰を、与える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310004/ ストロベリーナイト Blu-ray 誉田哲也 ポニーキャニオン 2012-02-24 売り上げラ

【ストロベリーナイト】第4話

「過ぎた正義」 少年法や刑法で守られた犯人は、生きる資格があるのか? 「ストロベリーナイト」第4話           葉山が捜査一課の姫川の元に配属されて来た日

『ストロベリーナイト』 第4話「過ぎた正義」

 今回は、少年法や心神喪失などによる責任能力の無いことによる無罪や刑の軽減に関する不条理が根底にある。  ただ、これをテーマとするのなら、姫川班が事件を「こんな美味しい

ストロベリーナイト 第4話

姫川玲子(竹内結子)は、在庁勤務になると少年刑務所を度々訪れていた。 彼女の目的は、収監されている英樹と面会すること、彼の父親・倉田修二(杉本哲太) に会うことだった。 ...

「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1

 う〜む・・この内容の濃さ・・役者の演技レベルの高さ、SPドラマ並の充実感スョ・・・  今回は特に脚本、演出ともに冴え渡っていたような・・・( ̄ー ̄)b  話は葉山(小出恵 ...

「ストロベリーナイト」第4話

姫川班が洗い出す過去の事件から、浮かび上がるひとりの人物。元捜査員の倉田修二は、裁かれない悪に正義の鉄槌を喰らわせたのか?!
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
最新トラックバック
「三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常」最新記事
プロフィール

sannke neko

Author:sannke neko
性別:女性
現住所:北海道

三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常~ドラマ編(仮)
⇒三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ(忍者ブログ)
と経てこの度FC2さんにお世話になることにしました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

コメント、トラックバックは歓迎しますが、記事に関連性がない、
あらすじのみ、該当記事に一行程度しか触れていない、
商用目的など管理人が不適当と判断したものは削除させて頂いております。
また同じ記事の複数ブログでのトラックバックも一方を、
ブログの不調などで重複したコメントやトラックバックも一方を削除させて頂いております。
ご連絡も不要です(^^)

2014年5月に母がくも膜下出血で倒れて以来
今まで以上に不規則更新になっております。
またコメントなどお返事にもお時間を頂いております。
ご容赦くださいます様お願いいたします。

black cats
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -